【札幌観光】ゴールデンウィークに桜を見るお出かけスポットと注意点

札幌の円山公園の桜

GW(ゴールデンウィーク)には桜が満開の札幌で、お出かけしてみませんか?

北海道の春は他の地域よりも少し遅れて訪れますが、ゴールデンウィークには札幌でも桜が見頃を迎えます。

札幌で迎えるGWは、桜を見にお出かけするのに絶好の時期。

札幌市内には数多くの桜の名所がありますが、その中でも特に観光でおすすめのスポットを紹介します。

また、札幌で桜を見に行く際には注意点もありますので、事前に知っておくことが大切です。

ゴールデンウィーク中に札幌の桜を観光する際には、この記事を参考にして、楽しいお出かけをしてみてくださいね。

※読者様がこのページを確認している日によっては、現在の公式情報とは異なる場合がございますので、必ず事前に公式サイト等をご確認ください。
※本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

札幌でGW(ゴールデンウィーク)にお出かけする際の注意点

札幌でGW(ゴールデンウィーク)の期間にあたる4月下旬から5月上旬に観光でお出かけする際には、以下の注意点があります。

気温の変化とそれに対応する服装

札幌の4月下旬から5月上旬は、まだ寒い時期に当たるため気温の変化が激しいことがあります。日中は20度を超えることもありますが、夜間には10度以下になることもあります。

また、桜の開花時期には天候が不安定なため、急に雨が降ってきたり、風が強くなったりすることがあります。それで、桜が散ってしまうこともあります。

観光する際には、寒暖差に対応した服装を心がけ、カーディガンやジャケット、レインコートなどを持参することをおすすめします。上着を脱いだり着たりできる服装が便利です。

予定を立てる際には、天気予報をしっかりと確認しておくことが大切です。

桜の開花状況に注意する

札幌の桜は、4月下旬から5月初旬にかけて開花します。

しかし、気温や天候によって開花状況が変わるため、必ずしも毎年同じ時期に開花するとは限りません。

観光する際には、桜の開花状況を確認してから出かけることをおすすめします。

ゴールデンウィークの混雑に注意する

ゴールデンウィーク期間中は、札幌市内や周辺地域の観光スポットが非常に混雑します。

桜を見るスポット等の人気の高い場所では多くの人が集まるので、混雑による渋滞、駐車場に空きがなくなるといったこともありえます。

飲食店等でも混雑しますので、列に並ぶ、待ち時間が長くなるということがありえます。早めに食事を済ませる、遅めに食事を摂る、予約ができる店に行く等の対策を取りましょう。

紫外線対策をしっかりとする

5月は紫外線が強くなる季節です。特に、晴れた日や雪解けが進んでいる時期は、紫外線が強くなる傾向があります。

観光する際には、日焼け止めや帽子、サングラスなどを持参し、紫外線対策をしっかりとすることをおすすめします。

イベントの情報を把握する

札幌市内では、4月下旬から5月上旬のGW(ゴールデンウィーク)期間中には様々なイベントが開催されます。

例えば、「さっぽろライラックまつり」や「さっぽろストリートジャズフェスティバル」などがあります。

観光する際には、開催されるイベントの情報を事前に把握し、計画を立てることをおすすめします。

札幌の桜の開花状況と見ごろの時期

札幌の桜の開花時期や見頃時期は、毎年気象条件によって異なりますが、通常は4月下旬から5月上旬にかけてが見頃となります。

ただし、気温や天候によって開花のタイミングが前後することがありますので、事前に天気予報やおすすめのお花見スポットの情報を確認して、最新の情報を入手することをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめスポット、札幌のおすすめ観光スポット

札幌市内には、多くの桜の名所があります。ゴールデンウィーク期間中の観光でおすすめできる桜の名所をいくつかご紹介していきます。

円山公園

札幌の円山公園の桜

札幌の円山公園は、観光客がゴールデンウィーク中に訪れる人気の観光スポットの一つです。

春には満開の桜が見どころの一つとなっており、札幌を訪れる観光客は、この美しい景観を見るためにやってきます。ゴールデンウィークに多くの観光客が訪れる人気のスポットとなります。

広場に植えられた桜の下でレジャーシートを敷いてお花見を楽しむことができます。

一部のエリアでは桜の見頃時期限定でバーベキューすることも可能。(道具は自分で用意する必要があります。)

また、札幌の円山公園の中には梅林があります。

札幌では梅の花と桜の花の見頃時期がほぼ同時期なので、両方のお花見を楽しめるのも特徴です。

円山公園は広いので、見頃を迎えた桜を見るだけでなく、園内をピクニックして過ごすこともできます。

隣接する北海道神宮も桜の名所なので、合わせてご利用ください。

札幌でGWのお出かけ計画を立てるなら、円山公園の桜を見に行くことをおすすめします。

桜と梅の花が美しく咲く4月下旬から5月上旬頃に訪れ、札幌の自然を満喫しましょう

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01101ah3330040784/

観光スポット円山公園
住所〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘3[地図]
公式サイト等円山公園

▼基本情報

円山公園

▼関連記事

札幌市中央区の桜の名所&穴場11選!おすすめ花見スポット紹介

北海道神宮

北海道神宮の表参道の桜

北海道神宮は、北海道札幌市中央区の円山地区にある神社で、北海道を代表する神社の一つです。

札幌観光のお出かけスポットとしても知られ、ゴールデンウィークには多くの観光客が訪れます。広大な敷地内は北海道の豊かな自然に囲まれており、春には境内にある桜が美しく咲き誇ります。

4月下旬から5月上旬のGW中は、桜がが美しい季節となり、境内を散策するのに最適な時期となっています。

ソメイヨシノやエゾヤマザクラに囲まれた表参道を歩いていくと、神社の拝殿が見えてきます。桜のトンネルようになった表参道は、見事なピンク色の花びらが風に舞い、訪れた人々を魅了します。

また、隣接する円山公園からの入口にあたる円山鳥居から拝殿までの通りや南1条駐車場付近でも桜を鑑賞することができます。

北海道神宮は、北海道における歴史的な神社であり、自然に囲まれた静かな場所であるため、参拝だけでなく、心を癒す場所としてもおすすめです。

北海道神宮は、札幌観光のお出かけスポットとして、また北海道における歴史的な神社として、観光客からも高い人気を得ています。

ゴールデンウィークには、多くの人々が訪れるため、事前に計画を立てることをおすすめします。GW中の札幌観光で北海道神宮に足を運び、美しい桜を楽しむ素晴らしい体験をしてみてはいかがでしょうか。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01101ag2130008987/

観光スポット北海道神宮
住所〒064-8505 北海道札幌市中央区宮ケ丘474[地図]
公式サイト等北海道神宮

▼基本情報

北海道神宮

▼関連記事

札幌の北海道神宮の桜が見られる場所や種類、見頃紹介!ライトアップはある?

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道庁旧本庁舎は、日本の北海道札幌市中央区にある、かつて北海道庁が使用していた歴史的な建物です。

別名「赤れんが庁舎」とも呼ばれ、赤いレンガでできた外観が特徴的で、札幌でも有名な観光スポットの一つ。

現在は、北海道庁の資料館や博物館として利用されており、北海道の近代化や開拓に関する資料が展示されています。北海道の歴史や文化に興味のある人々にとっては貴重な場所となっています。

北海道庁旧本庁舎は、JR「札幌駅」や地下鉄「さっぽろ駅」から近く、地下鉄「大通駅」からも徒歩圏内に位置しているため、観光客や地元の人々にとってもアクセスしやすい場所にあります。

ゴールデンウィーク中の札幌のお出かけや観光にも最適な場所です。

4月下旬から5月上旬頃、建物周辺を囲む庭園では桜が美しく咲き誇り、多くの人々が花見を楽しんでいます。

桜の木はあまり多くないので、「ガッツリとお花見を楽しむ場所」というわけではないですが、人気観光スポットの「北海道庁旧本庁舎」を訪れた際に庭園もお散歩してみるといいかもしれません。

札幌の中心部にあるためアクセスしやすいので、ゴールデンウィーク期間中に家族や友人と一緒に訪れてみるのも良いでしょう。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01101ae2180021911/

観光スポット北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
住所〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西6丁目1[地図]
公式サイト等北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

▼基本情報

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道知事公館

北海道知事公館

札幌市中央区にある北海道知事公館の庭園は、ゴールデンウィークにお出かけや観光で訪れるのに最適な散策スポットです。

この建物は1936年に建てられた旧三井合名会社の別邸で、現在は国の登録有形文化財になっています。

緑に囲まれた静かな場所で歴史ある建物を見学することができます。建物内には、レトロな暖炉や応接室、階段などもあり、レトロ好きの方にもオススメ。

特徴的なのは、建物正面入口上部にある大きな出窓で、四つ葉をあしらっていることです。

周囲にある庭園では手入れが行き届いた木々や広い芝生があり、散歩や寝転びをしたり、子供と一緒に楽しむのにぴったりです。小川には鴨が泳いでいます。

街中にあるにもかかわらず、四季折々の庭園の眺めも素晴らしく、春には美しい桜や梅も見ることができます。

4月下旬から5月上旬のゴールデンウィーク期間中に、桜や梅をはじめとする様々な花や植物を鑑賞したり、散策するために北海道知事公館の庭園を訪れるてみるといいかもしれません。

北海道知事公館は札幌の観光スポットとしてはちょっとマイナーな部類に入るため、混雑する可能性が低いのも嬉しいポイント。

近くには北海道立近代美術館や北海道立三岸好太郎美術館もありますので、帰りに立ち寄るのも良いでしょう。

緑に囲まれた静かな場所をお探しの人は、GW中の札幌のお出かけ、観光に訪れてみてはいかがでしょうか。

★注意点★
北海道知事公館の庭園の一般開放期間開始日は例年4月29日頃です。
それに対して、札幌の桜の見頃時期は例年4月下旬から5月上旬頃。開花が早い年だとゴールデンウィーク中にはもう花が散り始めています。
桜の見頃時期が早い年だと庭園に入れるようになるGW中の4月29日以降に訪れても散り始めていることがありえます。
この点、気をつけてください。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/jalan/doc/theme/koyo/01_koyo39.html

観光スポット北海道知事公館
住所〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西16丁目[地図]
公式サイト等北海道知事公館

▼基本情報

北海道知事公館

▼関連記事

北海道知事公館の桜と庭園を満喫!札幌で春の散歩を楽しむ

大通公園

札幌の大通公園の桜

大通公園は、北海道札幌市中央区にある都市公園で、市内でも有数の広さを誇る大規模な公園です。東西に約1.5 km伸びており、約7.8 haの広大な敷地面積を有しています。

大通公園周辺には札幌市資料館、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)、札幌市時計台などの歴史的建造物や、札幌テレビ塔などの展望スポット、三越や札幌パルコなどの百貨店もあり、観光客だけでなく地元の人々にも愛される場所です。

四季を通じて多彩なイベントや祭りが開催されることでも知られ、散歩やジョギング、サイクリングなどのレクリエーションスポットとしても親しまれています。

春には「さっぽろライラックまつり」、夏には「さっぽろ夏まつり」、秋には「さっぽろオータムフェスト」、冬には「さっぽろ雪まつり」など、多彩なイベントで賑わいます。

ゴールデンウィークにも多くの観光客が訪れます。桜の開花時期、見頃時期と重複するので、公園内の桜を見に来る人で賑わいます。

札幌市の中心部を東西1.5kmに横断する大通公園には、約92種・4700本の樹木があり、春には桜のピンク色が美しい風景を作ります。

桜の見頃を迎える4月下旬から5月上旬頃には、レジャーシートを広げてお花見ランチを楽しんでいる人もいます。

また、GWの頃にはチューリップやキタコブシなどの花々も見どころです。

また、この時期には大通公園の名物である「とうきびワゴン」が出店し始め、焼きとうきび、じゃがバターなどを販売します。

札幌の大通公園を散策しながら桜で春を満喫するという過ごし方を、ゴールデンウィーク期間中にしてみてはいかがでしょうか。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01101ah3330042625/

観光スポット大通公園
住所〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3丁目[地図]
公式サイト等大通公園

▼基本情報

大通公園

中島公園

中島公園の北海道立文学館前から中島体育センターまでの桜並木

札幌市中央区にある中島公園は、札幌の中心に位置する自然と緑が豊かな公園で、ゴールデンウィークにはお出かけや観光に最適です。

公園内には、池や木々が生い茂っており、札幌市民の憩いの場として親しまれています。

中島公園は「日本の都市公園100選」に選ばれ、自然を満喫しながら歴史や文化に触れる施設も充実しています。

菖蒲池や中島児童会館、札幌コンサートホールKitaraなどの施設があり、札幌市民や観光客に利用sれています。

例年4月下旬から5月上旬の桜の季節には400本もの桜が咲き誇り、お花見スポットとして有名です。

菖蒲池周囲の遊歩道、豊平館付近、芝生広場、中島体育館付近等、公園内の様々な場所で桜の鑑賞を楽しめます。

芝生広場でレジャーシートを敷いてお弁当を食べたり、寝転んでゴロゴロするのもいいですし、ボール遊びするという楽しみ方もできます。

交通の便も良く、地下鉄南北線の「中島公園駅」や「幌平橋駅」からすぐです。市電でも「中島公園通」もしくは「行啓橋」下車し、徒歩で3分ほどで到着できます。

中島公園は、都心にありながら自然を感じられる点が特徴で、ゴールデンウィークにはお出かけや観光に最適なスポットです。

GW中の札幌観光で桜が見られる場所をお探しの人は、ぜひ中島公園を訪れてみてください。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01101ah3330044335/

観光スポット中島公園
住所〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1[地図]
公式サイト等中島公園

▼基本情報

中島公園

▼関連記事

札幌の桜の名所の中島公園で桜を満喫しよう!

さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台の桜

北海道札幌市豊平区にある「さっぽろ羊ヶ丘展望台」は、札幌の人気観光スポットの1つです。

ゴールデンウィークなどのお出かけの時期には多くの観光客で賑わいます。

展望台は、羊ヶ丘の地が農業の研究用の施設として誕生したことから始まりました。現在は、「農研機構北海道農業研究センター」の農業研究用地、「札幌ドーム」と共に運用管理されています。

「少年よ、大志を抱け!」で知られるクラーク博士像が有名なスポット。

北海道や札幌の観光雑誌で必ず紹介されている、指差ししているあの銅像です。

さっぽろ羊ヶ丘展望台は、小高い丘の上にあり、札幌の街並みを一望できます。近くには札幌ドームも見えます。

敷地内にはレストハウスがあり、ジンギスカン等の食事やソフトクリーム等が楽しめます。

例年4月下旬から5月上旬のゴールデンウィークの時期には桜が見られることでも知られています。

本数は少ないですが、展望台付近や芝生広場で美しい桜を見ることができます。

さらに、GW期間中にはイベントも開催されており、家族や友人と楽しめる場所としてもおすすめです。(年によって変わりますので、開催の有無等の詳細は公式サイトでご確認ください。)

このように、さっぽろ羊ヶ丘展望台は、札幌市内を一望できる美しい景色や、クラーク博士の銅像など、観光スポットとして魅力的な要素が多くあります。

また、GW期間中には桜を楽しめる場所としても人気があります。

札幌を観光で訪れた際には、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01105ad3350045591/

観光スポットさっぽろ羊ヶ丘展望台
住所〒062-0045 北海道札幌市豊平区羊ケ丘1[地図]
公式サイト等さっぽろ羊ヶ丘展望台

▼基本情報

さっぽろ羊ヶ丘展望台

北海道立真駒内公園

北海道立真駒内公園の桜

北海道札幌市南区真駒内にある「北海道立真駒内公園」は、かつて札幌オリンピックのメイン会場として利用された市民のオアシスです。

この公園は、約1万3200本の樹木が植えられ、約5万本の自然木が残る自然豊かな緑地公園であり、秋の紅葉の名所としても有名です。

また、桜の名所でもあり、4月下旬からはエゾヤマザクラ、5月上旬からはヤエザクラが楽しめます。約1000本の桜が点在する園内は、毎年多くの花見客で賑わっています。

真駒内公園内には、豊平川と真駒内川が合流し、丘陵部に自然林が繁茂する自然豊かな景観が広がっており、公園内を流れる真駒内川沿いの桜並木道は見どころの一つです。

桜の見頃は、4月下旬から5月下旬で、例年約1000本のエゾヤマザクラとヤエザクラが楽しめます。

訪れる時期によっては、カタクリの花も見ることができます。

ゴールデンウィークの連休期間中には、多くの観光客で賑わいます。

真駒内公園は、札幌市内屈指の桜の名所であり、自然に触れ合えるGW中のお出かけスポットとして人気があります。

広大な敷地なので、サイクリングやランニング、ボール遊び等でも楽しめますよ。

同じ敷地内には、「札幌市豊平川さけ科学館」もありますので、家族でのお出かけ場所としておすすめできます。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01106ah3330043604/

観光スポット北海道立真駒内公園
住所〒005-0017 北海道札幌市南区真駒内公園3−1[地図]
公式サイト等北海道立真駒内公園

▼基本情報

北海道立真駒内公園

小金湯さくらの森

小金湯さくらの森

小金湯さくらの森は、札幌市南区の小金湯地域に位置する広大な公園で、約800本の桜が植えられています。

この公園は、札幌市内で最大規模の桜の名所の1つであり、60種以上のさまざまな種類の桜が咲き誇る春には多くの観光客が訪れます。

また、夏にはラベンダーや秋には紅葉が楽しめ、自然豊かな公園として人気を博しています。

(ただし、2016年にオープンした公園なので、桜の木のサイズはまだまだ小さい。)

小金湯さくらの森は札幌市内から車で約45分の距離にあり、ゴールデンウィークなどの連休中には、多くの人々が訪れます。

この公園は、札幌中心部から定山渓へ車で行く場合、その途中にあるので定山渓温泉までのドライブの途中に立ち寄るのもおすすめです。ただし、夕方には閉門するため、訪れる時間にはご注意ください。

小金湯さくらの森には約800本の桜の木が植えられており、そのうち600本近くは、樹高がソメイヨシノの倍になるというエゾヤマザクラが植えられています。

春の桜の開花時期は、札幌市中心部よりも2〜3週間ほど遅く、植樹されている桜の種類が豊富なため4月下旬から5月下旬までの1か月近くお花見を楽しむことができます。

小金湯さくらの森は、トイレや休憩場所などの施設も整備されており、お弁当を持ってピクニックを楽しむこともできます。

小金湯は、札幌市南区真駒内から定山渓方面に行くときの途中にあるエリアなので、温泉やキャンプ、果物狩等などの自然を満喫することもできます。

小金湯や定山渓での温泉等と合わせてご利用くださいね。

観光スポット小金湯さくらの森
住所〒061-2274 北海道札幌市南区小金湯604−2[地図]
公式サイト等小金湯さくらの森

▼基本情報

小金湯さくらの森

紅櫻公園

紅櫻公園(紅桜公園)の桜

北海道札幌市南区にある「紅櫻公園」は、札幌市内でも有名な桜や紅葉の名所の一つです。

ここの公園は珍しい私設の公園です。

ゴールデンウィークには、多くの観光客や札幌市民で賑わいます。

紅櫻公園内には広いキャンプ場があり、十割蕎麦のお店やカフェもあります。お蕎麦屋さんが有名で美味しいと評判です。

桜の見頃時期の入園料は500円ですが、蕎麦屋やカフェで飲食すると入園料分、値引きされます。

公園内には池があり、日本庭園のような美しい景色が広がっており、自然豊かな環境が癒しをもたらしてくれます。

春には桜が美しく咲き誇り、秋には紅葉が見頃を迎え、どちらの季節も素晴らしい景色が楽しめます。

オープン日が4月下旬なので、正確なオープン日を公式サイト等でご確認の上、お出かけするようにしてください。

散策やウォーキング、釣り堀なども楽しめます。

ゴールデンウィークの連休中に札幌市南区で桜のお花見を楽しむ予定の人は、「紅櫻公園」へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000207877/

観光スポット紅櫻公園
住所〒005-0007 北海道札幌市南区澄川389−6[地図]
公式サイト等紅櫻公園

▼基本情報

紅櫻公園

新川さくら並木

新川さくら並木

北海道札幌市にある「新川さくら並木」は、直線に並ぶ桜の木が、約10.5kmも続く日本最長の桜並木です。

札幌市の北区、手稲区を通る「新川」沿いです。

4月下旬から5月上旬のゴールデンウィーク頃に桜が満開になり、道路沿いや散策路を歩く人で賑わいます。

歩いて桜並木の鑑賞をするのであれば北区のスーパー「ダイイチ八軒店」付近[地図]へ行くことをおすすめします。この辺りが新川さくら並木の中で最も見応えあるからです。

散策路が整備されているため、お出かけや観光にも最適です。

新川さくら並木はまだ若い桜の木が多く、低木であるため、花のアップを撮影できるのが魅力のひとつです。

一方、車で桜並木の鑑賞をするのでれば、札幌駅方面から小樽方面(または、その逆。)へ新川通りをひたすら真っすぐ進むだけです。その間、車の中から桜並木を見ることができます。(運転には十分お気をつけください。)

毎年、4月下旬の2日間、桜並木のライトアップイベント「新川夜ざくら」も開催され、一部の桜だけですがライトアップされ幻想的な景色を楽しめます。

GW中に札幌の新川さくら並木を訪れて、北海道ならではの美しい桜の景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

観光スポット新川さくら並木
住所〒001-0024 北海道札幌市北区北24条西17丁目2[地図]

■[参考]ダイイチ 八軒店
〒063-0870 北海道札幌市西区八軒10条東5丁目2−17[地図]
公式サイト等新川さくら並木

▼基本情報

新川さくら並木

▼関連記事

札幌の新川さくら並木の見どころ、駐車場、アクセス、ライトアップ等情報  

北海道大学

北海道大学の桜

北海道大学は、札幌市北区に位置する北海道最大級の総合大学であり、広大なキャンパス内には多数の桜の木が植えられています。特に、GW(ゴールデンウィーク)の時期には、桜が満開となり、たくさんの人々がお出かけして観光に訪れます。

札幌市内にある多くの観光スポットの中でも、北海道大学は人気が高く、毎年多くの観光客が訪れます。

キャンパス内には様々な場所で桜を見ることができます。

桜が見られるのは「中央ローン」「クラーク博士像付近」「教育学部前」「医学部前」「工学部前」「北海道大学総合博物館(理学部)南側」「北海道大学病院前・情報基盤センター前」「農学部付近」「大野池付近」等です。

つまり、北海道大学の桜は、どこか一箇所にまとまって桜の木があるのではなく、広大な敷地内のいろんな場所に点在しているわけです。

札幌の人気観光スポットでもある北海道大学は、桜のために訪れるというよりも、観光ついでに桜も見るというのがおすすめです。

「クラーク博士の胸像」「大野池」「北海道大学植物園」「中央食堂」等の観光客でも見て回れる場所を巡るといいかもしれません。

なお、北海道大学は敷地面積が広すぎて徒歩で観光するには大変です。そのため、北海道大学を観光するのであれば、札幌駅周辺等にあるレンタル自転車を利用することをおすすめします。

豊かな自然に囲まれた北海道大学を訪れてみてくださいね。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000186937/

観光スポット北海道大学
住所〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目[地図]
公式サイト等北海道大学

▼基本情報

北海道大学

モエレ沼公園

モエレ沼公園の桜

北海道札幌市東区にある「モエレ沼公園」は、世界的な彫刻家イサム・ノグチ氏が設計を手がけた広大な公園です。

環状グリーンベルト構想における拠点公園として整備され、多数の遊具やシンボル施設があり、一年中楽しむことができます。

また、春には桜の花見、夏には「ガラスのピラミッド」のライトアップや「海の噴水」での光と水のショーが開催され、秋には紅葉、冬にはモエレ山でソリ遊びや歩くスキーを楽しむことができます。

モエレ沼公園の中にはエゾヤマザクラ、カスミザクラ、カンザン、ソメイヨシノといった種類の桜があり、春には見事に咲き誇ります。

4月下旬から5月上旬のGW(ゴールデンウィーク)期間には桜を楽しむために訪れる観光客や札幌市民で賑わいます。

札幌市の中心からは少し離れた場所にある自然あふれる公園ですが、観光客にも人気のスポットとなっています。駐車場も広くて車でのお出かけにも最適です。

札幌でドライブ観光する方、子供連れの方、広い公園でのんびりしたい方等におすすめの場所です。

ゴールデンウィークに札幌の人気観光スポットであるモエレ沼公園に行かれる人は、一緒に桜の鑑賞も楽しんでくださいね。

▼じゃらんで口コミ等を見る

https://www.jalan.net/kankou/spt_01103ah3330043744/

観光スポットモエレ沼公園
住所〒007-0011 北海道札幌市東区1[地図]
公式サイト等モエレ沼公園

▼基本情報

モエレ沼公園

札幌のGW(ゴールデンウィーク)期間中のイベント情報

▼GW(ゴールデンウィーク)期間中に札幌で開催されるイベントをじゃらんでチェック!

https://www.jalan.net/event/010000/010200/

まとめ

GW(ゴールデンウィーク)には札幌に、たくさんの人々が桜を楽しむために観光で訪れます。

札幌でのGWは、桜を見ながらお出かけするには最適な時期です。

桜の美しさは言葉で表現しきれないほどで、その美しさに心が癒されます。

おすすめのスポットは、中島公園、円山公園、北海道神宮の桜並木などです。

これらのスポットは、札幌市内からもアクセスが良く、見ごたえのある桜を鑑賞でき、それぞれのスポットの敷地が広いので、あまり混雑具合が気になることも少ないからです。

一方で、中島公園には駐車場がありませんし、円山公園、北海道神宮は駐車場が混雑することがデメリットです。できれば地下鉄を利用することをおすすめします。

また、4月下旬から5月上旬はゴールデンウィーク期間中は飲食店や宿泊施設も混雑するため、事前に予約をしておくことが大切です。

札幌は観光地が多く、食べ物やお土産も豊富なので、お出かけの際にはぜひ観光も楽しんでください。

札幌は、四季折々の美しい景色や美味しい食べ物、観光スポットがたくさんあるので、また訪れたいと思える場所です。

GW期間中の札幌でのお出かけを計画する際には、交通手段や宿泊施設の予約、混雑する場所での対策などをしっかりと準備して、思い出に残る旅行を楽しんでください。

スポンサーリンク

札幌の定番の桜の名所以外の情報について

この記事では札幌の観光客向けに記事を作成しております。

そのため、桜が見られる定番の観光スポット、桜の名所メインでご紹介しています。

地元の札幌市民が行くような桜の名所、穴場等は別記事で紹介していますので、そのような情報をお探しの人は下記の記事をご覧ください。

札幌市中央区の桜の名所&穴場11選!おすすめ花見スポット紹介
札幌市北区の桜の名所&穴場8選!おすすめ花見スポット紹介
札幌市西区の桜の名所&穴場17選!おすすめ花見スポット紹介
札幌市手稲区の桜の名所&穴場9選!おすすめ花見スポット紹介
札幌市白石区の桜の名所&穴場4選!おすすめ花見スポット紹介
札幌市南区の桜の名所&穴場8選!おすすめ花見スポット紹介
※読者様がこのページを確認している日によっては、現在の公式情報とは異なる場合がございますので、必ず事前に公式サイト等をご確認ください。
※本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

関連記事

  1. 白い恋人パーク屋内イルミネーション ~光と恋のチョコレート工場~

    白い恋人パークイルミネーション2021-2022の料金、開催期間、点灯時間等情報 | 白い恋人パーク屋内イルミネーション ~光と恋のチョコレート工場~

  2. 白石こころーど(旧「白石サイクリングロード」)の桜並木

    【白石こころーど】札幌の桜の隠れた名所に行こう!春の散歩やサイクリングを満喫

  3. モエレ沼公園の水遊び場(モエレビーチ)

    札幌市東区の水遊びできる公園10選

  4. さっぽろ羊ヶ丘展望台

    羊ヶ丘展望台・札幌ドーム等のある福住周辺を観光する札幌日帰りモデルコース

  5. 五天山公園の炊事広場

    五天山公園でバーベキュー!札幌市西区のおすすめBBQスポット

  6. 宮の沢駅の6番出口すぐの緑道の桜

    札幌の宮の沢に早咲きの桜!穴場で春の訪れを感じよう

  7. さっぽろホワイトイルミネーション「大通会場」

    札幌のイルミネーションはどこ?おすすめスポット11選

  8. 円山公園の紅葉

    札幌の紅葉が見られる公園!秋のお出かけに

  9. 札幌イルミネーション

    【札幌】まだ間に合う、今から見たいイルミネーションイベント2020 – 2021 6選!

  10. 前田森林公園

    札幌市手稲区の紅葉スポット

  11. 札幌の円山公園の桜

    札幌の円山公園での春の桜のお花見情報!見頃、時間帯、ライトアップ等

  12. 真栄あおぞら公園の水遊び場

    札幌市清田区の水遊びできる公園7選

  13. 五天山公園(札幌市西区)

    札幌市西区でバーベキュー(BBQ)できる場所

  14. 月見橋から見る鯉のぼり(定山渓温泉渓流鯉のぼり)

    札幌の定山渓の鯉のぼりが見事!!見られる場所はどこ?

  15. 円山公園の紅葉

    札幌観光モデルコース!10月に円山公園周辺で紅葉と夜景を楽しむ