札幌の地下鉄やJR(電車)で行きやすい紅葉スポット18選

円山公園の紅葉 北海道
円山公園の紅葉

秋になり紅葉の見頃になりました。

札幌には、紅葉スポットがいろいろあります。

観光で札幌に来た場合や車を持っていない場合、電車、地下鉄、バス等の公共交通機関での移動がメインになるかと思います。

車なしで紅葉スポットに行こうと考えた場合、「地下鉄や電車で行きやすい札幌の紅葉スポットはどこ?」。

このように思いますよね。

この記事では、地下鉄や電車(JR)でも行きやすい札幌の紅葉スポットを紹介しています。

地下鉄や電車(JR)等の公共交通機関で行きやすい札幌の紅葉スポットを探している場合は、記事の内容は参考になると思います。

ぜひ最後まで記事をお読みください。

※2022年9月現在の情報です。最新の情報は各観光スポットの公式サイトなどでご確認ください。
※読者様がこのページを確認している日によっては、現在の公式情報とは異なる場合がございますので、必ず事前に公式サイト等をご確認ください。
スポンサーリンク

北海道大学 イチョウ並木

北大イチョウ並木
北大イチョウ並木

北海道大学は、JR札幌駅北口から徒歩約10分に位置する国立大学。

一般人も大学の敷地内に入ることができます。

広大な敷地内はポプラ並木、銀杏並木、川、池等の自然に囲まれており、クラーク博士の胸像や博物館や食堂等もあります。

2021年には北海道大学が東京オリンピックのマラソン競技のコースにもなりました。

札幌の観光スポットとしても人気。

秋になれば、北海道大学内にあるイチョウ並木が黄金に色づきます。

イチョウ並木があるのは北海道大学の入り口の一つである「北13門」付近。

北13門から約380mにわたって70本のイチョウ並木が続きます。

イチョウの葉が黄葉する10月下旬から11月上旬は、黄葉を見に来る観光客等で賑わいます。

10月下旬から11月上旬に札幌を旅行する人は、イチョウ並木の紅葉を見るのも兼ねて北海道大学全域を観光する予定かもしれませんね。

北海道大学は敷地が広いので、紅葉スポットである「イチョウ並木」にJRや地下鉄等の公共交通機関で行くときに降りる駅には注意が必要です。

地下鉄南北線「北12条駅」から北大の「北13門」まで行くのが最短。

徒歩約5分で到着します。

北大の他の入り口の代表的なものに「正門」「18条門」があります。

「正門」へは札幌駅、「18条門」へは地下鉄南北線「北18条駅」からが一番近いです。

それらは、北大の敷地に入ってからイチョウ並木まで行くのにかなり歩きます。

北海道大学の敷地内にあるクラーク博士の胸像、北海道大学総合博物館、食堂等に寄りながら散歩も兼ねてイチョウ並木まで行く場合は、「正門」から入るのがいいですが、そうでないなら「北13門」から入ってください。

ただ、札幌観光で北海道大学内全体を見たい人でも、徒歩ではなくレンタルサイクルを利用するのがおすすめ。

札幌駅周辺等にレンタルサイクルできる設備がありますので、それをご利用ください。

敷地が広すぎるため、徒歩で北海道大学全域を見回るのは本当にキツイです・・・。

10月下旬から11月上旬に地下鉄等を利用して札幌の紅葉を見に行く予定の人は北海道大学へお出かけしてみてはいかがですか。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【北大イチョウ並木】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
北大イチョウ並木の観光情報 北大イチョウ並木周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet 北大構内で秋のみどころは、何といっても北13条入口のイチョウ並木。歯学部と薬学部の間を一直線に貫く道の両側に続く400mのイチョウ並木
紅葉スポット名北海道大学 イチョウ並木
住所〒001-0012 北海道札幌市北区 北13条西5~7丁目北海道大学構内[地図]
例年の紅葉の見頃10月下旬~11月上旬
アクセス・札幌市営地下鉄南北線「北12条駅」から「北13門」まで徒歩約5分
・JR「札幌駅」北口から「正門」まで徒歩約15分
・札幌市営地下鉄「さっぽろ駅」(南北線、東豊線)から徒歩約15分
駐車場なし
北海道大学
「北海道大学」は、札幌中心部にある国立大学です。略称は「北大(ほくだい)」です。北海道大学はJR札幌駅からの徒歩圏内にあり、自然豊かな広大な敷地内は観光スポットにもなっています。イチョウ並木、クラーク像、北海大学博物館が有...
北大イチョウ並木
北海道大学は、札幌の観光スポットの一つでもあります。JR札幌駅から徒歩圏内でクラーク博士の胸像がそこにあるのが理由かもしれません。また、北海道大学内の「北大イチョウ並木」が秋には人気です。地下鉄南北線「北12条駅」...

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
※2025年2月(予定)まで改修工事のため、建物の中に入ることはできません。

「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」は、かつて北海道庁の本庁舎として利用されていた建物。

レンガ造りの西洋館なので「赤レンガ」「道庁赤レンガ庁舎」「旧道庁」などと呼ばれています。

国の重要文化財に指定されており、館内には北海道開拓関係資料が展示、保存されています。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)には庭園があり、秋には紅葉により美しい姿を見ることができます。

観光客等の写真撮影スポットとしても人気。

秋の紅葉時期に札幌観光をするのであれば赤レンガ庁舎と紅葉を合わせて写真に収めてくださいね。

JR「札幌駅」南口、地下鉄「さっぽろ駅」からは徒歩約10分。

地下鉄「大通駅」からは徒歩10分から15分程度。

地下鉄やJR等の公共交通機関を利用して行きやすい紅葉スポットです。

札幌の中心部で紅葉を見る場合は「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」はアクセスしやすくてオススメ。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【北海道庁旧本庁舎】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
北海道庁旧本庁舎の観光情報 営業期間:公開:8:45〜18:00、交通アクセス:(1)札幌駅から徒歩で5分。北海道庁旧本庁舎周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet 明治21年にアメリカ風ネオ・バロック様式で建てられた。
紅葉スポット名北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」
住所〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西6丁目1[地図]
例年の紅葉の見頃10月下旬~11月上旬
アクセス・JR「札幌駅」南口から徒歩約10分
・札幌市営地下鉄南北線「さっぽろ駅」から徒歩約10分
・札幌市営地下鉄東豊線「さっぽろ駅」から徒歩約13分
駐車場なし
北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
北海道庁旧本庁舎は、「赤れんが庁舎」の愛称で知られる煉瓦づくりの建物です。JR札幌駅から徒歩10分ほどでアクセスもしやすいので、札幌観光の際にはぜひ訪れたい観光スポットです。建物のみならず、その前に広がる庭園も見どころです...

札幌北3条広場(アカプラ)(赤レンガプラザ)

札幌北3条広場(アカプラ)
札幌北3条広場(アカプラ)

「札幌北3条広場」は「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」の前にある広場。

普段は歩行者専用道路として利用されていますが、時々、音楽イベントやアートイベント等の開催場所としても利用されています。

座る場所もあるので、街なかでの買い物や観光途中の休憩場所としても利用可能。

「札幌北3条広場」の両サイドがイチョウ並木となっており、秋は紅葉スポットになります。

黄金のイチョウ並木と北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の美しい景観が見られますよ。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の紅葉を見るのであれば、「札幌北3条広場」もセットでご利用ください。

JR「札幌駅」南口、地下鉄「さっぽろ駅」からは徒歩約10分。

地下鉄「大通駅」からは徒歩10分から15分程度。

地下鉄やJR等の公共交通機関を利用して行きやすい紅葉スポットです。

札幌の中心部で紅葉を見る場合は「札幌北3条広場」のご利用を検討してみてください。

紅葉スポット名札幌北3条広場(アカプラ)(赤レンガプラザ)
住所〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西4丁目 ~北3条西4丁目[地図]
例年の紅葉の見頃10月下旬~11月上旬
アクセス・JR「札幌駅」南口から徒歩約10分
・札幌市営地下鉄南北線「さっぽろ駅」から徒歩約10分
・札幌市営地下鉄東豊線「さっぽろ駅」から徒歩約13分
・札幌市営地下鉄「大通駅」(南北線、東西線、東豊線)から徒歩10分から15分程度
駐車場なし
札幌市北3条広場(アカプラ)
「札幌市北3条広場」の通称は「アカプラ」。札幌の有名観光スポット「北海道庁旧本庁舎前」の前にある広場です。どちらも紅葉の観光スポットと人気で、秋の観光のときには2つのスポットをセットで写真撮影するとよいでしょう。

サッポロファクトリー

サッポロファクトリーの紅葉
サッポロファクトリーの紅葉

サッポロファクトリーは、サッポロビールの前身である「開拓使麦酒醸造所」の工場跡地に造られた大型複合商業施設。

ショッピング、食事、映画等が楽しめる。

サッポロファクトリーは、フロンティア館、レンガ館、1条館、2条館、3条館、西館といった複数の建物で構成されています。

その中の一つの「レンガ館」の壁面の一部が蔦で覆われており、秋の紅葉の時期になると真っ赤に色づきます。

ツタは例年10月上旬から少しずつ色づきはじめ、10月下旬~11月上旬に紅葉が見頃になります。

サッポロファクトリーでのショッピング、食事、映画等のついでに壁の蔦の紅葉を見てみてください。

JR「札幌駅」南口、地下鉄「さっぽろ駅」からは徒歩約15分。

JR「苗穂駅」南口から徒歩約15分。

地下鉄東西線「バスセンター前駅」5番出口から徒歩約10分。

このようにサッポロファクトリーは地下鉄等の公共交通機関を利用して行きやすい場所にあります。

街なかにある施設ですので観光やショッピングついでにでも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

紅葉スポット名サッポロファクトリー
住所〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東4丁目1−2[地図]
例年の紅葉の見頃10月下旬~11月上旬
アクセス・JR「札幌駅」南口から徒歩約15分
・JR「苗穂駅」南口から徒歩約15分
・札幌市営地下鉄「さっぽろ駅」から徒歩15約
・札幌市営地下鉄東西線「バスセンター前駅」5番出口から徒歩約10分
駐車場有料駐車場あり
サッポロファクトリー
「サッポロファクトリー」は、ファッション、インテリア店、レストラン、フード店、シネマコンプレックス等が入っている複合商業施設です。

大通公園

大通公園の紅葉
大通公園の紅葉

大通公園は、札幌の中心部にある約1.5kmの長さ、7.8haの広さの公園。

広い公園の中には芝生広場、約90種4,700本におよぶ樹木、美しい花壇、遊具広場、水遊び場等の施設があります。

例年10月下旬~11月上旬には紅葉の見頃時期を迎えます。

紅葉を見るために大通公園をお散歩してみてはどうでしょうか。

広いのでいい運動にもなります。

写真撮影するなら、さっぽろテレビ塔をバックに撮影したいところ。

大通西2丁目から4丁目あたりならいい感じに撮影できるかと思います。

また、西3丁目には噴水があります。

噴水も写真撮影スポットとしても人気。

こちらにも足を運んでみてくださいね。

大通公園にはところどころに花壇があるので紅葉と合わせて見て楽しむと良いでしょう。

さっぽろテレビ塔に登れば、黄色や赤に色づいた木々のある大通公園を上から眺めることも可能。

もちろん、地下鉄やJR(電車)でアクセスしやすい。

大通公園は東西に伸びている公園なので、最寄り駅と呼ばれる場所がいくつかあります。

地下鉄「大通駅」が代表的な最寄り駅。

出口が複数あるので地上のどこに出るかは一概に言えませんが、東西線と南北線なら大通西3丁目から4丁目付近、東豊線なら大通西2丁目付近に出られます。

札幌への観光客で土地勘がない場合、よくわからければ「大通駅」を利用するのが無難です。

地下鉄東西線「西11丁目駅」なら、その名の通り大通西11丁目付近に降りることができ、近くには大通公園内にあるバラ庭園「サンクガーデン」、「札幌市資料館」等があります。

地下鉄東西線「バスセンター前駅」1番出口からなら、「さっぽろテレビ塔」にすぐ行くことが可能。

「大通公園を端から端まで歩くぜ!」という気合の入っている人は地下鉄東西線「西11丁目駅」または地下鉄東西線「バスセンター前駅」を利用すると良いかもしれません。

大通公園はJR札幌駅からも徒歩圏内。徒歩約15分で到着します。

地下鉄南北線「すすきの駅」や地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」からも徒歩約10分。

このように大通公園は地下鉄やJR(電車)等の公共交通機関でも行きやすい場所にあります。

観光等で車を利用せずに札幌の紅葉を見に行こうとお考えのはアクセスしやすい大通公園に行ってみてはいかがでしょうか。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【大通公園】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
大通公園の観光情報 交通アクセス:(1)札幌駅から徒歩で。大通公園周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet 市街地の中心部を東西に貫く面積78.901平方メートル・全長約1.5kmの一大グリーンベルト。噴水・彫刻・花壇で
紅葉スポット名大通公園
住所〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西7丁目[地図]
例年の紅葉の見頃10月下旬~11月上旬
アクセス・地下鉄「大通駅」から徒歩約1分(南北線、東西線、東豊線)
・札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」から徒歩約1分
・札幌市営地下鉄東西線「バスセンター前駅」から徒歩約3分
・札幌市営地下鉄南北線「すすきの駅」から徒歩約10分
・札幌市営地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」から徒歩約10分
・JR「札幌駅」から徒歩約15分
・札幌市営地下鉄「さっぽろ駅」(南北線、東豊線)から徒歩約15分
駐車場なし
大通公園
大通公園は、さっぽろ雪まつりの会場となっている公園です。札幌中心部の市街地を東西に貫く広大な公園です。面積78.901平方メートル・全長約1.5kmの一大グリーンベルトで、噴水・彫刻・花壇などで美しく彩られています。...

中島公園

中島公園

中島公園は札幌の繁華街「すすきの」に隣接している札幌市中央区にある公園。

「日本の都市公園100選」や「日本の歴史公園100選」にも選定された広くてきれいな公園です。

「豊平館(ほうへいかん)」や「八窓庵(はっそうあん)」といった国の指定重要文化財もあるので、札幌の観光スポットとしても有名。

中島公園は、札幌の紅葉スポットとしても人気。

広い公園なので、秋になれば公園内のあちこちで紅葉が見られます。

その中でも見どころのスポットは大きく分けて3つ。

  • 菖蒲池周り
  • 日本庭園
  • 地下鉄中島公園駅すぐのイチョウ並木

中島公園の紅葉の見頃は、例年10月中旬~10月下旬頃。

ただし、イチョウが黄色に色づくのは少し時期が遅いためイチョウ並木の紅葉の見頃は例年10月下旬~11月上旬頃です。

中島公園は地下鉄でアクセスしやすい場所にあります。

地下鉄南北線「中島公園駅」または「幌平橋駅」から外に出たらすぐそこが中島公園です。

どちらで降りるか迷った場合は地下鉄「中島公園駅」で降車してください。

中島公園の正面入口にあるのが「中島公園駅」ですし、すぐにイチョウ並木を見ることができます。

正面入口から公園に入って行けば、「菖蒲池(しょうぶいけ)」も「日本庭園」も近いからです。

地下鉄「幌平橋駅」は裏口的なイメージなので、それらの場所まで少し歩くことになります。

中島公園は、紅葉スポットとしても札幌の観光スポットとしてもおすすめ。

秋の休日に家族やカップル等でお出かけしてみてくださいね。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【中島公園 紅葉】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
中島公園 紅葉の観光情報 交通アクセス:(1)地下鉄南北線『中島公園駅』下車 1・3番出口。中島公園 紅葉周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet
紅葉スポット名中島公園
住所〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1[地図]
例年の紅葉の見頃■菖蒲池周り、日本庭園
10月中旬~10月下旬

■イチョウ並木
10月下旬~11月上旬
アクセス・札幌市営地下鉄南北線「中島公園駅」から徒歩約1分
・札幌市営地下鉄南北線「幌平橋」から徒歩約5分
駐車場なし
中島公園
「中島公園」は、札幌のすすきのの近くにある緑豊かな公園です。

円山公園

円山公園の紅葉
円山公園の紅葉

円山公園は円山原始林の北側に位置する札幌を代表する自然に囲まれた広い公園。

桜の名所として人気の円山公園ですが、紅葉スポットとしてもおすすめ。

円山公園には、カツラ、アサダ、ヤマモミジ、イタヤカエデ、サクラなどの樹木が植えられており、例年10月中旬から10下旬には色鮮やかな紅葉が観賞できます。

円山公園は地下鉄東西線「円山公園駅」から徒歩約10分で到着します。

車がなくても紅葉を見に行きやすいです。

円山公園には近くに北海道神宮、札幌市円山動物園、カフェ等もあるので、秋に周辺も合わせてお散歩するのもいいですね。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【円山公園(北海道札幌市)】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
円山公園(北海道札幌市)の観光情報 交通アクセス:(1)地下鉄東西線円山公園駅から徒歩で5分。円山公園(北海道札幌市)周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet 天然の原始林に恵まれた札幌の代表的公園で、桜の名所として名高
紅葉スポット名円山公園
住所〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘3[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~10月下旬
アクセス・札幌市営地下鉄東西線「円山公園駅」から徒歩約10分
駐車場有料駐車場あり(第1駐車場 683台、第2駐車場 150台)
円山公園
円山公園は、札幌市民の憩いの場となっている公園です。桜や紅葉の名所としても有名で、毎年多くの観光客が訪れます。

北海道神宮

北海道神宮

北海道神宮は、明治天皇の詔(みことのり)により、明治2年(1869年)に創祀された神社。

約18万平方mの境内地の北海道神宮は初詣、桜と梅の名所、北海道神宮例祭等として有名です。

秋は紅葉スポットとしても人気。

境内は紅葉で鮮やかな黄色や赤色に染まります。

例年10月中旬から10月下旬頃にカツラ、サクラ、ヤマモミジ、イタヤカエデ、イチョウ等が紅葉の見頃を迎えます。

円山公園と隣接しているので、北海道神宮での参拝と紅葉狩りでの散策をすると良いでしょう。

地下鉄東西線「円山公園駅」から北海道神宮までは徒歩約15分。

途中、円山公園を通りますので、円山公園の紅葉もセットで楽しむと良いでしょう。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【北海道神宮】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
北海道神宮の観光情報 北海道神宮周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet 北海道の総鎮守。創建1869年。約18万平方mの境内地は桜の名所となっている。毎年、初詣をはじめ、多くの参拝客が訪れるほか、6月には北海道神宮例祭
紅葉スポット名北海道神宮
住所〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘474[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~10月下旬
アクセス・札幌市営地下鉄東西線「円山公園駅」から徒歩約15分
駐車場有料駐車場あり
1時間無料、2時間以降は500円/1時間
※大型の車椅子車両は、事前に要問合
※正月期間は別途
北海道神宮
北海道神宮は円山公園に隣接しています。お正月には初詣で、春には満開の梅と桜のお花見で人々が賑わいます。

サッポロビール博物館

サッポロビール博物館

サッポロビール博物館は、札幌市東区にある日本で唯一のビールに関する博物館。

北海道のび~る産業や北海道開拓の歴史を学べぶことができます。

工場直送のビールを楽しむことも可能。

併設のサッポロビール園では生ビールやジンギスカン等も提供されており、札幌の人気観光スポットとなっています。

レンガ造りの「サッポロビール博物館」はその壁面が蔦で覆われており、例年10月中旬~11月上旬には紅葉の見頃を迎えます。

観光客にも人気のフォトスポットですよ。

サッポロビール博物館へのアクセスはJR「苗穂駅」より徒歩約7分です。

JR札幌駅から1駅なので、札幌駅近くで観光している人も電車でアクセスしやすいです。

レトロなレンガの建物と赤い蔦の紅葉が見られるサッポロビール博物館へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【サッポロビール博物館】札幌・バー・カクテル - じゃらんnet
サッポロビール博物館の口コミ評点:4.2(5点満点中)。じゃらんnetではサッポロビール博物館の口コミ(317件)や投稿写真をご確認頂けます。サッポロビール博物館周辺のホテル/観光スポット/ご当地グルメ/イベント情報も充実。
紅葉スポット名サッポロビール博物館
住所〒065-8633 北海道東区北7条東9丁目1−1[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~11月上旬
アクセス・JR「苗穂駅」から徒歩約7分
駐車場あり(150台)
※駐車場優待あり(利用者は6時間まで無料)
サッポロビール博物館
「サッポロビール博物館」は、サッポロビールの歴史を学ぶことのできる日本で唯一のビールに関する博物館です。場所は、JR「苗穂駅」から徒歩圏内にある「アリオ札幌」に隣接しています。博物館の中には、サッポロビールに関する展示物が...

豊平公園

豊平公園
豊平公園

豊平公園は農林水産省林業試験場(現在の森林総合研究所北海道支所)の跡地を利用して生まれた札幌市豊平区にある公園。

園内には様々な植物や木々が植樹されており、自然を感じられます。

まるで植物園のような感じの場所。

緑化植物園「緑のセンター」の温室には様々な花が咲いています。種や球根などの販売もされています。園芸に関する相談ができる窓口も設置。

様々な植物や木々が植えられている豊平公園では、秋はきれいな紅葉が見られるスポットとなります。

ウチワカエデ、イチョウ、モクゲンジ、ヒッコリー、白樺、サクラ等の木々の葉がきれいな紅葉に。

豊平公園は地下鉄でアクセスしやすい場所にあります。

地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口を出たらすぐそこが豊平公園です。

楽ちんですね。

地下鉄で札幌の紅葉スポット巡りをしようと考えている人はぜひ訪れてみてくださいね。

紅葉スポット名豊平公園
住所〒062-0905 北海道札幌市豊平区豊平5条13丁目1[地図]
例年の紅葉の見頃10月上旬~10月下旬
アクセス・札幌市営地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口から徒歩約1分
駐車場無料駐車場あり(夏季53台、冬季46台)(4時間まで無料。緑のセンターで受付が必要。)

■駐車場受付時間
パスゲート側 8:45 – 17:00(休館日を除く)
テニスコート側 8:45 – 21:00(4/20~11/20)、9:30 – 21:00(11/21~4/19)
※温水プール休館日・整備日はいずれも17:00までです。
豊平公園
豊平公園は、農林水産省林業試験場(現在の森林総合研究所北海道支所)の跡地を利用して1977年に開園した札幌市豊平区にある公園です。約7.4haの公園内には、「花木園(バラ園)」「樹木園」「テニスコート」「緑のセンター」等がある。...

月寒公園

月寒公園
月寒公園

月寒公園は札幌市豊平区にある総合公園。

広大な敷地の公園には、多目的広場、遊具広場、水遊び場、野球場、テニスコート、パークゴルフ場、森、ボート池等の施設があります。

施設が充実しているので子供も大人も楽しめる公園となっています。

月寒公園はウォーキングや散策コースに適した森や丘がいくつかあります。

「くつろぎの森」「歴史の森」「散策の森」「月寒の丘」です。

紅葉の時期には、それらの森の木々が紅葉に色づきます。

ボート池周辺の木々も秋にはきれいな紅葉になります。

月寒公園は、地下鉄東豊線「美園駅」から徒歩約10分。

JR(電車)や地下鉄で札幌の紅葉を見に行く人にとって行きやすい場所にあります。

例年10月中旬~10月下旬頃の紅葉の見頃の時期に月寒公園を散策してみてくださいね。

紅葉スポット名月寒公園
住所〒062-0011 北海道札幌市豊平区美園11条8丁目1[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~10月下旬
アクセス・札幌市営地下鉄東豊線「美園駅」から徒歩約10分
駐車場無料駐車場あり
月寒公園
月寒公園は、大日本帝国陸軍第7師団歩兵第25連隊の小演習場跡地、旧陸軍射撃用地に造られた札幌市豊平区にある公園です。公園内には遊具、天然林、ボート池、野球場、パークゴルフ場、テニスコート等の施設があります。遊具が豊富で、特...

天神山緑地

天神山緑地
天神山緑地

天神山緑地は札幌市豊平区平岸にある緑地。

標高89mの小さな山である天神山に造られた緑地で、桜林、梅林、藤棚、展望広場、日本庭園、札幌天神山アートスタジオ等が設置されています。

平岸リンゴにまつわる石川啄木歌碑、久保栄文学碑などの地域の歴史を物語る碑があり散策が楽しめる公園。

天神山緑地は例年10月上旬~10月下旬に紅葉の見頃時期を迎えます。

サクラ、モミジ、カエデ等、様々な木々の葉っぱが赤、黄色、オレンジ等に色づきます。

天神山緑地の頂上にある展望広場からは、秋一色の札幌市街を一望することもできます。

天神山緑地へは、地下鉄南北線「澄川駅」または地下鉄南北線「南平岸駅」から徒歩約15分でアクセス可能。

JR(電車)や地下鉄で行くことのできる札幌の紅葉スポットをお探しの人はぜひ足を運んでみてくださいね。

▼じゃらんで口コミ等を見る

【天神山緑地の紅葉】アクセス・イベント情報 - じゃらんnet
天神山緑地の紅葉の開催期間:2022年10月上旬〜下旬。じゃらんnetでは天神山緑地の紅葉への口コミや投稿写真をご紹介。天神山緑地の紅葉へのアクセス情報や混雑状況などもご確認頂けます。天神山緑地の紅葉周辺のホテル/観光スポット/ご当地グルメ/イベント情報も充実。
紅葉スポット名天神山緑地
住所〒062-0931 北海道札幌市豊平区平岸1条18丁目1[地図]
例年の紅葉の見頃10月上旬~10月下旬
アクセス・札幌市営地下鉄南北線「澄川駅」から徒歩約15分
・札幌市営地下鉄南北線「南平岸駅」から徒歩約15分
・JR「札幌駅」から車で約20分
駐車場無料駐車場あり(25台)
天神山緑地
「天神山緑地」は、札幌市豊平区にある天神山に広がる緑地です。公園内には、梅林、桜園、日本庭園、展望台広場、遊具、さっぽろ天神山アートスタジオ等があります。春にはウメやサクラの花が咲き誇るため、花見をしに多くの人が公園に訪れ...

精進河畔公園

精進河畔公園
精進河畔公園

精進河畔公園は、札幌市豊平区平岸にある公園。

野球広場、運動広場、遊具広場、スキー山などのあるエリア。

精進川が流れる精進河畔エリア。

精進河畔公園は大きくこの2つのエリアに分かれます。

遊具等のあるエリアから精進河畔エリアへは、橋を渡って移動可能です。

秋には精進河畔の散策路で紅葉の景観を見ることができます。

運が良ければ初秋にサクラマスの遡上が見られるかも!

例年10月中旬~10月下旬頃に見頃を迎えるので、自然を感じることのできる精進河畔公園で散策してみてはいかがでしょうか。

精進河畔公園は、地下鉄でのアクセスが良好。

地下鉄南北線「南平岸駅」または「澄川駅」から徒歩約15分。

電車(JR)、地下鉄等の公共交通機関で紅葉狩りへ行こうとお考えの人は検討してみてくださいね。

紅葉スポット名精進河畔公園
住所〒062-0931 北海道札幌市豊平区平岸1条16丁目2[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~10月下旬
アクセス・札幌市営地下鉄南北線「南平岸駅」から徒歩約15分
・札幌市営地下鉄南北線「澄川駅」から徒歩約15分
駐車場なし
精進河畔公園
「精進河畔公園」は、豊平川の支流「精進川」が流れる札幌市豊平区にある公園です。公園内には、ブランコ、滑り台、鉄棒などの定番の遊具の他、野球広場、運動広場等があります。公園内を流れる精進川と公園を覆う広葉樹によって自然の景観...

白石こころーど

「白石こころーど」は札幌市白石区の自転車・歩行者専用道路。

白石区、厚別区、北広島市を通るサイクリングロードで、正式名称は「道道札幌恵庭自転車道線」。

白石区部分を「白石こころーど」、厚別区部分を「陽だまりロード」、北広島部分を「エルフィンロード」と言います。

サイクリング、ジョギング、犬の散歩などを楽しむ多くの人の憩いの場所となっています。

「白石こころーど」では「環状夢の橋」から北広島方面に進むと白樺並木があり、秋にはきれいな紅葉を見られます。

白樺並木が見られる「環状夢の橋」付近は、札幌市営地下鉄東西線「白石駅」から徒歩約5分の場所にあります。

「白石こころーど」のスタート地点は、地下鉄東西線「東札幌駅」から徒歩約5分の「ラソラ札幌」付近。

スタート地点からゆっくり散歩したい人はそちらから入るとよいでしょう。

紅葉スポット名白石こころーど
住所北海道札幌市白石区 札幌コンベンションセンター〜虹の橋[地図]

[参考]環状夢の橋
〒003-0001 北海道札幌市白石区東札幌1条6丁目 5[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~11月上旬
アクセス・地下鉄東西線「東札幌駅」2番出口から「白石こころーど」入り口まで徒歩約5分
・地下鉄東西線「白石駅」4番出口から「環状夢の橋」まで徒歩約5分
駐車場なし
白石こころーど(旧「白石サイクリングロード」)
白石区から北広島まで続く旧千歳線の旧線路を利用してサイクリングロードが造られています。正式名称は「道道札幌恵庭自転車道線」。白市区部分を「白石こころーど(旧「白石サイクリングロード」)」、厚別区部分を「陽だまりロード」、北...

白石神社

白石神社は札幌市白石区にある神社。

正月三が日は、札幌の神社の中では北海道神宮に次ぐ人が訪れる神社。

例年9月の白石神社例大祭にも多くの人が訪れます。

秋は紅葉スポットにもなります。

拝殿横の階段を降りていくと池があり、その池の周囲を白石竜宮神社、白石天神社、白石伏見稲荷神社、白石弁天神社の四社が囲っています。

橋と朱色の鳥居との景観が美しく、現実離れした神秘的な空間が一面に広がります。

紅葉の時期は、より一層きれいな景観に。

白石神社は、地下鉄東西線「南郷13丁目駅」から徒歩約10分。

車なしでも行くことのできる紅葉スポットをお探しの人は地下鉄でアクセスしやすい白石神社を訪れてみてはいかがでしょうか。

紅葉スポット名白石神社
住所〒003-0027 北海道札幌市白石区本通14丁目北1−12[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~11月上旬
アクセス・札幌市営地下鉄東西線「南郷13丁目」から徒歩約10分
駐車場あり
※1月1日~3日までは利用不可

星観緑地

星観緑地
星観緑地

星観緑地は札幌市手稲区星置にある緑地。

桜モールという桜並木の他、公園には桜の木が多く植えられているため、手稲区の桜の名所して知られています。

桜並木と手稲山が見える景色が美しい場所です。

春は桜の花見スポットとして人気な星観緑地は、秋には紅葉スポットに変わります。

桜の木々の葉が秋には紅葉に。

そのほかイチョウ並木、ハウチワカエデ、ナナカマド、白樺等の紅葉が楽しめます。

特に手稲山向かって並んでいるイチョウ並木とエゾヤマザクラの風景が素晴らしい。

星観緑地の紅葉の見頃は例年10月中旬~11月上旬頃。

星観緑地は、JR「ほしみ駅」から徒歩約2分の場所にある緑地なので、アクセスしやすい。

車なしで紅葉狩りを楽しみたい人におすすめのスポットです。

紅葉スポット名星観緑地
住所〒006-0859 北海道札幌市手稲区手稲星置317−317[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~11月上旬
アクセスJR「ほしみ駅」から徒歩約2分
駐車場無料駐車場あり
星観緑地
「星観緑地」は、北海道札幌市手稲区のJR「ほしみ駅」から徒歩3分ほどに位置する公園です。

農試公園

農試公園
農試公園

農試公園は札幌市西区にある公園。

交通ルールが学べたり、自転車の練習ができる公道のような「交通コーナー」、屋内運動場「ツインキャップ」、SL(D51)、水遊び場「ちゃぷちゃぷ広場」、野球場、テニスコート、多目的広場等の施設があります。

農試公園は秋には紅葉スポットになります。

主にツインキャップ、交通コーナー、ゲートボール場、多目的広場、農試1号線、農試2号線等で紅葉が見られます。

ツインキャップは、建物の回りを蔦が覆っており、夏の間、緑色だった蔦が秋には赤色に染まります。

交通コーナーでは、春にはきれいな花をつけていた桜をはじめ、ケヤキ、ハルニレ、ナナカマドなどの紅葉。

農試2号線やゲートボール場付近では、カエデ、ツツジ、トチノキなどの紅葉。

多目的広場ではシラカバの葉が黄色に。

農試公園の前を通る「農試1号線」ではイチョウ並木。

このように広い敷地の農試公園は、様々な場所で紅葉を楽しむことができます。

農試公園はJR「琴似駅」から徒歩約7分でアクセス可能。

電車で札幌の紅葉めぐりをお考えであれば農試公園を訪れてみてはいかがでしょうか。

紅葉スポット農試公園
住所〒063-0845 北海道札幌市西区1 八軒5条西6丁目95-21[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~10月下旬
アクセス・JR「琴似駅」から徒歩約7分
・JR「八軒駅」から徒歩約20分
駐車場無料駐車場あり
農試公園
「農試公園」は、札幌市西区にある緑豊かな公園です。公園内には、水遊びができる「ちゃぷちゃぷ広場」、屋内運動広場「ツインキャプ」、交通ルールが学べる「交通コーナー」、工具類を自由に借りられる木材加工場の「トンカチ広場」などがあります...

百合が原公園

百合が原公園の紅葉
百合が原公園の紅葉

百合が原公園は札幌市北区にある公園。

ユリをはじめとして約6400種類もの植物を育てています。

様々な植物を育てているため、一年を通して花と植物を鑑賞して楽しむことが可能。

秋の紅葉狩りの時期にもおすすめのスポット。

秋になると百合が原公園内の各所でモミジ、カエデ、イチョウ等の葉っぱが紅葉します。

有料エリアの「世界の庭園」でも様々な紅葉の景色を堪能できます。

「世界の庭園」は札幌市の姉妹都市である4都市の造園家が協力して作った庭園。

庭園は日本、中国、ドイツ、アメリカのエリアに分かれており、それぞれ異なった風景となっています。

紅葉も各エリアごとに違った雰囲気の中で楽しめます。

紅葉の見頃は例年10月中旬から11月上旬。

百合が原公園はJR「百合が原駅」から徒歩約6分。

電車で紅葉狩りしやすい場所となっています。

紅葉スポット名百合が原公園
住所〒002-8082 北海道札幌市北区百合が原公園210[地図]
例年の紅葉の見頃10月中旬~11月上旬
アクセスJR「百合が原駅」から徒歩約6分
駐車場無料駐車場あり
百合が原公園
「百合が原公園」は、札幌市東区(一部は北区にまたがっている)公園です。公園には、70種類ものユリが栽培されており、他にも600種類もの高山植物や極地植物が栽培されています。

札幌の地下鉄、JR(電車)で行きやすい紅葉スポットまとめ

札幌の地下鉄、JR(電車)で行きやすい紅葉スポットを紹介してきました。

  • 北海道大学 イチョウ並木
  • 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
  • 札幌北3条広場(アカプラ)(赤レンガプラザ)
  • サッポロファクトリー
  • 大通公園
  • 中島公園
  • 円山公園
  • 北海道神宮
  • サッポロビール博物館
  • 豊平公園
  • 月寒公園
  • 天神山緑地
  • 精進河畔公園
  • 白石こころーど
  • 白石神社
  • 星観緑地
  • 農試公園
  • 百合が原公園

車なしでも行ける紅葉スポットをお探しの人の参考になれば幸いです。

※2022年9月現在の情報です。最新の情報は各観光スポットの公式サイトなどでご確認ください。
※読者様がこのページを確認している日によっては、現在の公式情報とは異なる場合がございますので、必ず事前に公式サイト等をご確認ください。

コメント

スポンサーリンク