フランス滞在の筆者おすすめお土産!!お手軽に買える雑貨!!

南仏トゥールーズ市役所前広場 フランス
南仏トゥールーズ市役所前広場

フランスでのお土産選び、前回はチョコレートなど食品を中心に取り上げました。

今回は食品以外の小物や雑貨、日用品などを見て行きたいと思います。

スーパーや普通の小売店などで見かけるありとあらゆるものが、私達の目には新鮮に映るものです。

例えば歯磨き粉や洗剤など、普通に日常的に使う何でもないものでも、ラッピングが違ったり、フランス語で表記してあるだけで物珍しく感じてしまうものです。

実際、こういったものでもお土産になるのですが、もう少しこだわってフランスの雑貨のお土産をみてきましょう!

スポンサーリンク

お土産に最適な石鹸!

フランス土産に是非おすすめしたいのが石鹸です。

特にマルセイユ石鹸はフランスでも有名で、添加物の入っていない自然派で、日本で有乳品を買うと高いです。

最近はロクシタンが日本全国に店舗を増やしていますが、これももとは南フランスの特産品です。

ロクシタンなどは今やブランド品でもあり、それなりのお値段がします。

ただ日本でも売っているかも知れないものをフランスで買っても面白くありませんので、普通の石鹸で良いと思います。

石鹸であれば誰しも使いますし、もらっても邪魔にはなりませんよね。

また香りの良いものはすぐに使わず、衣類の中に忍ばせることもできます。

普通のスーパーで十分選択の余地がありますので、少し変わった綺麗なラッピングのものをお土産に選びましょう!

余り沢山買うと重いのが難点ですけどね。

▼ちなみにこれは私が個人的に好きなアーモンドオイルの石鹸。値段も2~3ユーロですから、気軽に購入できますね。

アーモンドオイルの石鹸

▼これらも普通にスーパーで売っている石鹸で同じぐらいの値段です。左側の白い石鹸はさらに安価です。

石鹸

私はフランスの石鹸大好きなので、いつも行く度に大量に買って帰ることにしています。

オリジナルなフランスの傘!

傘をお土産にという発想は余りないかも知れません。

観光当日に雨でも降っていない限り、傘を買おうなどと普通は思わないことでしょうね。

フランスというのはおしゃれとかデザインとかに長けた国で、ちょっと日本人には考え付かないようなものが沢山あります。

実は傘もその一つなのです。

フランス人というのはなぜか傘をさす人が少なく、雨が降っても気にせずに濡れたままでいるのですが、日本人には理解しがたいところですね。

そのせいか傘の専門店は激減していますが、それでもパリ市内でたまに見かけます。

▼こんな変わった形の傘はいかがですか?

フランスの四角い傘

なかなか丈夫で、使い勝手も良いのです。

お土産にも自分用にも良いと思いますし、お値段もお手頃です。

フランスの四角い傘

ちなみにこの種の傘は日本にも一部輸入されており、雑貨店などで見かけることがありますが、15000円ぐらいと現地で買う三倍ぐらいの値段がします。

この写真の傘であれば、大きめのスーツケースに斜めにして入れれば入ります。

また折り畳み傘もありますので、ご検討下さい!

文具、小物

文具やちょっとした小物類には惹かれますよね。

最近はフランスから輸入されているものも多く、日本の大手文具店で見かけるアイテムも少なくありませんが、こういったものは見ているだけでも楽しいものです。

文房具と雑貨のお店の棚

私がおすすめしたい一品は、このバゲットボールペンです。

一見グリッシーニのようですが、バゲットパンの形をしたボールペンです。

土産物店などに4ユーロ程度で売られています。

バゲットパンの形をしたボールペン
バゲットパンの形をしたボールペン

使い勝手も悪くありません。

私も何度か土産に買って女性にプレゼントしたことがありますが、大変に好評でした。

ちょっとした遊び心にいかがでしょうか?

キーホルダーはフランスに限らず土産物の定番ですよね。

フランスのパリと言えばやっぱりエッフェル塔でしょうか。

このエッフェル塔の形のキーホルダーは、どこの土産物店でも売っており、いろいろな色の物があります。

値段は3ユーロ前後ですが、まとめ買いすると安くなったりするようです。

このトリコロールのものを特に土産としておすすめしたいですね。

トリコロールのエッフェル塔のキーホルダー

▼この大きさですから、使い道も沢山ありそうです!

トリコロールのエッフェル塔のキーホルダー

意外(?)と好評なカードやポストカード!

ちょっとしたカードや絵葉書は意外と見過ごされがちです。

確かにこれのみをお土産とするにはちょっと軽いかな、という気がしますね。

でもお土産に添えてプレゼントすると効果倍増です。

うさぎ好きの人へなら、うさぎのカードはきっと喜ばれます。

3月から4月は復活祭の時期でうさぎをデザインしたカードが沢山売られています。

うさぎ好きでなくてもホッとするようなデザインです。

犬猫のカードも多いので、犬や猫の好きな方にフランスのカードをプレゼントすると喜ばれること請け合いです。

ポストカード

またパリの絵葉書もおすすめです。

なぜかと言えば、このような絵葉書を今どき買って来る人はまずいないからです。

ところがこの種の絵葉書は日本では買えないので、希少価値があります。

値段も安く、15枚で4~5ユーロ程度です。日本のようにセットにはなっておらず、好きなものを選べるのも利点。

大量に購入すれば、これだけでも一つのお土産になるのではないでしょうか。

他の土産とセットでプレゼントするのもいいですね。

またちょっとしたメッセージを書いて添えるのにも使えます。

パリの絵葉書
パリの絵葉書
トゥールーズの絵葉書
トゥールーズの絵葉書

まとめ

お菓子類だけではなく、ちょっとした日用品や文房具なども立派なお土産になります。

特に文房具や絵葉書などはあとあとまで残りますので、食品よりもおススメしたいですね。

私自身も傘やエッフェル塔のキーホルダー、バゲットペンを愛用しています!

待ちを散策して、自分なりのオリジナルなフランス土産を見つけましょう!

コメント

スポンサーリンク