秩父限定のお菓子特集!お土産で買いたいお菓子5選!

お土産を渡す女性 埼玉

秩父の名産品は沢山ありますが、お土産としておすすめのお菓子も沢山あるんですね。

一度食べたらやみつきになること間違いないお菓子がいっぱいです。

秩父でしか買えないお土産にも自宅用にもおすすめのお菓子を5選紹介します。

スポンサーリンク

秩父のお土産に買いたいお菓子「ちちぶまゆ」

ふわふわのマシュマロの中に秩父の隠れた名産である秩父カエデ糖という物があります。

カエデ糖は簡単に言うとメイプルシロップのことです。

気温差が激しい秩父で育った約25種類のカエデの木から採取した樹液のカエデ糖なので秩父でしか味わうことができません。

カエデ糖をマシュマロの生地に封じ込めることで味と香りが良い子供受けするお菓子なんですね。

この「ちちぶまゆ」は家の子供達も大好きで秩父に行くと必ず買って帰るくらい我が家では定番のお土産お菓子です。

ふわふわのマシュマロとトロッとしたカエデ糖の相性は抜群です。

そのまま食べても美味しいですがおすすめの食べ方も紹介しておきます。

濃い目のコーヒーの中に「ちちぶまゆ」を投入するとラテのようなクリーミーな味わいになります。

ママ友会などで受けること間違いないです。

オシャレな飲み物としてママ友に振る舞うだけで話題も広がりますのでおすすめです。

口どけが良いので子供から年配の方まで幅広い年齢層の方に人気がありますので秩父のお土産としておすすめです。

「ちちぶまゆ」は中村屋さんという和菓子屋さんで購入することができます。

★中村屋★
住所:埼玉県秩父市東町13-7

営業時間:9:00-18:00

定休日:年中無休

食べログで口コミを見る:秩父 中村屋

秩父のお土産に買いたいお菓子「秩父プリン」

続いて紹介する秩父のお土産におすすめのお菓子はChichibu Dessertsで販売されている「秩父プリン」です。

ビン詰めになっていますので見た目がかわいくて子供やママ友へのお土産として喜ばれるお菓子です。

「秩父プリン」は普通の玉子プリンではないんですね。珍しい味が勢ぞろいしていますので自宅用のお土産としてもおすすめの一品です。

味は『りんご』『ゆず』『ブルーベリー』といった秩父で作られている季節のフルーツや『さつまいも』といった野菜を使ったプリンの他に秩父でしか味わえない『そば』のプリンも販売されています。

味だけで全部で11種類もありますので様々な味を楽しむことができますし食べ比べをしても楽しいお土産です。

賞味期限が製造日より60日から90日と保存期間が長いのも嬉しいですよね。

1つ270円とリーズナブルな価格ですので多めに買ってもお財布に優しいのでパパやママもまとめ買いが安心してできると思います。

通信販売でも購入が可能ですので気に入ったらお取り寄せすることもできます。

★Chichibu Desserts★
通販サイト:Chichibu Desserts

秩父のお土産に買いたいお菓子「すのうぼうる」

秩父お菓子処の「栗助」さんで販売されている「すのうぼうる」も秩父のお土産のお菓子として有名です。

モンドセレクションで3年連続金賞を受賞しているお菓子です。

秩父産のカエデ糖が使われていてふんだんに練りこんだお菓子になります。

丸型のクッキーのような「すのうぼうる」は見た目が丸くてかわいいので子供のお土産にピッタリのお菓子です。

サクサクした食感がクセになる味で食べだしたら止まらなくなるくらい美味しいんです。

家でも良く買って帰るんですがすぐになくなってしまうくらい子供に大人気です。

秩父お菓子処栗助さんは本店の工場内で和菓子や洋菓子を1つ1つ真心を込めて作っています。

お店に入ると所狭しに並んでいるキラキラしたお菓子に目が奪われてしまいますし、どのお菓子も美味しそうでつい買いすぎてしまうくらいお店自体も大変おすすめなんですね。

「すのうぼうる」も凄く美味しいですが他のお菓子もちょっとだけ紹介させてください。

栗が1粒丸ごと入っている「栗助」やコーヒーや紅茶との相性が抜群の「秩父まつばやし」もおすすめのお土産お菓子です。

一気に買っても食べきれないという方は通販販売もしていますので他のお菓子はお取り寄せで試してみるのも良いでしょう。

次は何を食べてみようかなと家族と話し合って決めるのも楽しいですよ。

栗助さんは自慢のお菓子だけではなくて食事処も併設されています。

お土産を買うのに立ち寄ったら食事処も覗いてみてください。

秩父の美味しいグルメが待っています。

また栗助さんは秩父に三店舗開業していますので観光ついでに近い場所の店舗を訪れるほうが楽かもしれません。

三店舗の営業時間が若干ですが違いますので下記を参考にしてください。

★栗助本店★
住所:埼玉県秩父市黒谷822-1

電話番号:0494-25-2411

営業時間:9:30-18:00

定休日:年中無休

食べログを見る:秩父菓子処 栗助
★栗助長瀬店★
住所:埼玉県長瀞町長瀞529

電話番号:0494-66-2280

営業時間:10:00-17:00

営業時間:10:00-17:00

食べログを見る:栗助 長瀞店
★栗助地場産センター店★
住所:埼玉県秩父市宮ノ側1-7 1F(秩父駅構内)

電話番号:0494-22-2238

営業時間:10:00-18:00

食べログを見る:栗助 秩父鉄道秩父駅じばさんセンター店

秩父のお土産に買いたいお菓子「長瀞一万坪の岩畳」

様々な和菓子や洋菓子が販売されている「亀沢屋」さんはお店に入るだけでまるでお菓子の宝石箱のように秩父ならではのお菓子が沢山並んでいて見ているだけでワクワクするお店です。

その中でも一番おすすめしたいお土産お菓子は「長瀞一万坪の岩畳」という名前のチョコレートです。

しっとりとした食感で濃厚なカカオの旨みが存分に味わうことができるチョコレートなんですね。

生クリームがタップリと使われている生チョコレートですので口どけが良くて小さい子供からお年寄りまで食べやすくてお土産として喜ばれること間違いないでしょう。

亀沢さんの生チョコレートは絶品で家でも秩父に行ったら必ず買って帰るお土産お菓子なんです。

口の中でトロッととろける生チョコレートは一度食べたらやみつきになります。

私は子供達が学校に行っているときに密かに「長瀞一万坪の岩畳」でコーヒーブレイクするのが楽しみだったりします。

ママさんの自分へのご褒美としてもおすすめです。

そして「亀沢屋」さんで販売されているお菓子の中でもう1つおすすめしたいお菓子があります。

そのお菓子は亀沢さんの人気ナンバー1の人気商品の「麦こがし」というお菓子です。

「麦こがし」は昔懐かしい秩父のお菓子の味を再現した商品になります。

大麦を使用したこうせんという生地の中に白あんと刻んだ栗が沢山入っていて香ばしいお菓子なんですね。

素朴な味わいなので子供からお年寄りまで幅広い年齢層のお土産お菓子としておすすめです。

家の子供達もこの「麦こがし」が大好きで他のお土産お菓子といつも迷っているくらい好きなお菓子です。

昔懐かしい秩父の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

★亀沢屋★
住所:埼玉県秩父郡皆野町大字皆野1359-2

営業時間:8:30-18:00

定休日:毎週水曜日

食べログで口コミを見る:亀沢屋

まとめ

秩父でおすすめのお土産お菓子を5選紹介してきました。

秩父には美味しいお菓子が沢山販売されています。

紹介したお店も他にも沢山のお土産お菓子が売られていて、紹介したお菓子だけではなくてどのお菓子を選んでも失敗することはありません。

秩父に寄ったら是非、お土産に秩父でしか食べられないお菓子を食べてくださいね。

コメント

スポンサーリンク