フランス観光で注意すべきこと!旅行前に知らないと危険!

フランス観光で注意すべき危険なこと フランス

誰もが憧れる花の都パリ。

観光でフランスへ行くとなれば胸躍るものです。

海外旅行というのはどこでもわくわくするものですが、フランスはじめヨーロッパはまた格別ですよね。

それだけ日本人にとってフランスは憧れの国であり、一度は訪れてみたいと誰もが思い焦がれるのですが、我々の知らない危険も沢山潜んでいますので注意が必要です。

一歩日本から出れば、日本国内の常識は通用しなくなります。

予め十分な知識を仕入れて、危険な目に遭わないよう、また遭っても慌てないようにしたいものです。

今回は、フランス観光で注意しておきたい点を紹介しますね。

旅行前に知っておくことで危険を回避しましょう!

スポンサーリンク

現金の持ち歩きに注意!

日本と違いフランスはじめヨーロッパは基本クレジットカード払いが一般的で、レストランはもちろんスーパーのレジでさえそうです。

一つにはスリが多いために現金を持ち歩かないためでもあります。

日本人は現金を持っている、と思われているために対スリという点では要注意です。

今でこそカードも使いますが、我々日本人はまだまだ現金払いが普通で、日常の買い物や飲食店などでは現金で支払うことの方が多いですよね。

とはいえ、やはりある程度の現金を持っていないことには不安です。

多額の現金を持ち歩く場合、一つの財布にまとめて入れるよりも、いくつかに分散して持ち歩くことをおすすめします。

海外旅行用品店で販売されている安全ベルトやアンダーウェアなどもおすすめです。

カードで注意したいのは、たまにフランスなどでは使えなかったり、使える範囲が限られたカードがあることです。

VISAやアメリカンエキスプレスのような大手であれば問題はありませんが、JCBなどは今でこそ使える範囲が広くなったものの、VISAなどに比べると使えないこともあるので注意が必要です。

ユーロ紙幣

▼下の写真は現金やパスポートを入れるためのアンダーウェアで、なかなか便利ですよ。

セキュリティベスト

▼こちらは手や足に付けるタイプ。

シークレットウエストポーチ
シークレットウエストポーチ

こういうグッズは、街の旅行グッズが売っている店でも買えますが、Amazonや楽天でも買うことができます。

ネットで買うなら、「シークレットウエストポーチ」「セキュリティベスト」「セキュリティーワレット」「セキュリティベルト」「レッグポーチ」とかで検索するといろいろ出てくると思います。

▼参考までにいくつか紹介しておきますね。



地下鉄は危険?

地下鉄は危険、というイメージをお持ちの人が多いと思います。路線によってはより注意が必要な個所もありますが、別に特別地下鉄だけが危険ということはありません。

それでも混んでいる時は、貴重品の入ったバッグやカバンは自分の前に、それも身体にくっつけて持つようにしましょう。

例えば男性で財布を上着の内ポケットに入れている場合、脇を締めて固めるのが良いかも知れません。

神経質になる必要はありませんが、日本と同じような感覚で地下鉄に乗ると、運が悪ければスリに遭うかも知れません。

日本ですと女性はよくバッグを開けたまま電車に乗っておられますが、これでは盗られても仕方ありませんのでご注意下さい。

フランスの地下鉄の社内

フランス人は時間を訊く

「今何時ですか?」、「時間わかりますか?」などと道端で訊かれるようなことは今の日本ではまずありませんよね。

ところがフランスでは不思議なことに結構あるのです。

時計を持っていないからか、街中に日本ほど時計がないからなのかわかりませんが、相手の人種に関係なく訊いてきます。

なぜフランスの人がわざわざ外国人である日本人に時間を訊くのか不思議でしたが、パリなどはもうあらゆる人種が入り乱れていて、何人であっても余り関係がなく、“外国人”という感覚がないようです。

しかしそこで注意!

時間を訊かれても答えてはいけない、とフランスの友人から注意するように言われたことがあります。

時間を訊かれると、大半の人は反射的に腕時計を見てしまいます。

そのほんのちょっとした隙にスリが後ろから手を伸ばすというのです。

確かに言われてみれば、時間を訊かれれば時計を見てしまいますね。

私はそのような目に遭ったことはありませんが、なるほど、と納得しました。

ジプシーには要注意!

詳細はともかく、ここで言うジプシーとは他国から入って来た難民で、路上で物乞いをしたりしている人達で、独特の格好をしているのですぐにわかります。

よく子供が集団でスリを働くことで知られていますが、大人のスリも手ごわいです。

実は私も一度経験があります。

一人なら狙われることもなかったのですが、剣道仲間の女子大生の子がたまたま私のパリ出張に卒業旅行で友人達と来たため、女の子ばかり3人連れてリヴォリ(ルーヴル美術館の近く)通りを歩いていました。

完全に気が抜けていて、ジプシーから見れば格好の獲物に見えたことでしょう。

その時地面に座っていたジプシー女と若い高校男子ぐらいのジプシー二人と目が合ってしまいました。

するとその二人は何やらわけのわからないことを言いながら新聞紙のようなものを私に被せるようにぶつかって来たかと思うと、すぐに身を引きました。

もしや、と思って胸ポケットに手をやるともう財布が盗られていたのです。

いやあ、その早いこと。ジプシーが何か知らない人であれば、財布を盗まれたこと自体に気が付かないことでしょうね。

そのジプシー二人は知らない、知らないという身振りをしたので胸倉を掴み、しばらく揉み合った後、諦めたのか若い男子の方が私の財布を下へそっと落としました。

財布優先でしたし、深追いしても危険なので、とりあえず財布を拾うと、ジプシーの二人はさも惜しそうにこちらを見ながら逃げて行きました。

実は帰国の前日で、財布の中にパスポートと航空券を入れていたのです。

自分の職業や剣道をやっていることを考えれば、もしあのまま盗られていたら、恥ずかしくて帰って来れないところでしたね(苦笑)。

スリの多い観光スポットはここだ!

最近はこの種のジプシーも減っていると思います。

スリの多い危険な観光スポットは極力避けたいものですが、シャンゼリゼ通りやオペラ座、モンマルトルの丘といった人気スポットには必然的にスリが多いのが事実。

それ以外では北駅周辺やパリ中心部のシャトレ駅からシャルルドゴール空港へ向かう高速地下鉄の中などが要注意です。

しかし何度も申しますが、神経質になる必要はありません。

注意さえ怠らず、何事があっても毅然としていればスリも寄っては来ないでしょう。

ストライキに注意!

日本では考えられないことですが、フランスでのしょっちゅう“スト”があり、地下鉄などはいきなり何の前触れもなしにストが始まったりすることさえあります。

何年かに一度は大規模な交通ストライキがありますので、旅行前に情報収集しておきましょう。

公共の乗り物だけではなく、タクシーのストなるものさえあるほどで、我々には理解しがたいところです。

また美術館のストライキもありますので、観光旅行には要注意です。

まとめ

フランス観光でそれ以外に危険な要素としてテロや今年話題になったデモが挙げられますが、日常的に注意を要するのはスリとストだと思います。

自分の注意だけで回避できるとは限らないものの、事前に情報収集をしっかりとして、毅然として行動することが肝要です。

日本人はどうも言葉ができないと気後れしてしまいがちですが、そんなことは気にせずに堂々としておればよいのです。

他の国から来る観光客を見て下さい。

フランス語などできなくても我が物顔で街を闊歩しています。

良い意味で図太くなりましょう!

コメント

スポンサーリンク