台湾旅行前に知っておきたい街中の無料Wi-Fi事情!現地SIMはストレスフリー?

台湾

昔は海外旅行へ行く度にガイドブックを持参して、歩きながら観光地やレストランを調べていたのが、今や携帯一つでサッと調べられる便利な時代になりました。

アプリも「現地で使える指さし会話」や「各国の駅の路線図案内」とたくさん存在し、これさえあれば海外で困る事は一切なし。

ただ、それらを使うために必要なのが「ネット環境」ですね。日本国内はどこにいても無料Wi-Fiが飛んでいますが、海外のWi-Fi環境はどうなのでしょうか。

今回は台湾のWi-Fiについてご紹介したいと思います。

台湾へ旅行予定の方は、是非渡航前にチェックしてくださいね♪

スポンサーリンク

台湾の街中で使える無料Wi-Fi 4選!

●i Taiwan

台湾全土で使える無料Wi-Fi。使うには、出国前にオンラインで登録するか、現地到着後に空港や駅のカウンターで申請(パスポート必須)する事になります。

オンラインで登録する場合⇒https://itaiwan.taiwan.net.tw/Index.aspx

登録の説明(日本語)⇒http://taiwanwind.jp/convenience-information-itaiwan/

iTaiwanに一度登録すると、台北郊外へ行っても各都市の自治体が提供しているWi-Fiを使う事ができるので、非常に便利です。

ただ速度はそんなに早くなく、突然接続が途切れたりする事もしばしば。グーグルマップで場所を調べるなど、ちょっとした事で使う分には十分でしょう。

歩きながら使うと接続が切れやすいので、立ち止まって使うとうまく繋がるので是非実践してみてください。

●セブンイレブンの無料Wi-Fi

台湾のセブンイレブンにもWi-Fiが!こちらもインターネットで登録が必要となるようです。(https://www.7-11.com.tw/event/127wifi/) 言語が全て中国語なので登録が難しいなと感じる場合は、セブンイレブン店内で登録も可能です。 セブンイレブンのWi-Fiは、1日30分間、最大3回まで利用できます。制限はあるものの、ちょっとした調べものには十分ですね。 セブンイレブン店内で登録する方法⇒https://allabout.co.jp/gm/gc/442188/

登録しておくと台湾全土のセブンイレブン(4800店)にて利用が可能となります。これは登録して損はないですね♪

因みに、台湾のセブンイレブンには「Openちゃん」という、とても可愛いキャラクターがいるんですよ。日本のセブンイレブンではお目にかかれないので、要チェック!!^^

●Mr. BrownCofee

台湾のコーヒーチェーン店「Mr. BrownCofee」でも無料Wi-Fiが使えます。上記2つとは違い、日本のスタバのように登録することなくすぐにWi-Fiが使えます。

更に一部の席はコンセントを完備しているので、充電もできます。私はこちらのWi-Fiも使った事はありませんが、次回台湾へ行った時に試しに使ってみようと思います。

台湾のスタバでもWi-Fiが使えると思っていましたが、どうやら台湾の電話番号を持っていない方は利用できないとの事でした、残念。

コーヒーを飲みながらゆっくりWi-Fiを使いたい方には、こちらをおすすめします。

●ホテルやユースホステルのWi-Fi

台湾のホテルやゲストハウスにあるWi-Fiは、日本のホテルと同じように途切れる事なく使えるのでご安心を。

ホテルでは、お風呂に入りながらゆっくり動画を見たり、私のようにガイドブックを持ってきていない方は、翌日の観光地や美味しい台湾料理のお店を探したりする方も多いと思いますが、ストレスなく使えるのがありがたいです。

以上、台湾の街中で使える無料Wi-Fiのご紹介でした。

海外でインターネットを使うのは何も無料Wi-Fiのみではありません。シムフリー携帯をお持ちの方は、現地のSIMカードを使うのも手ですよ。

今回台湾でSIMカードを購入してみたので、最後にそちらをご紹介しますね。

●台湾でSIMカード購入

今回初めて台湾の高雄空港で買った、3日で300元(約1,080円)のSIMカード。その内容は、インターネットの使用は無制限、電話は100元まで無料というもの。

台湾でSIMカードを買う際、日本で使っているSIMカードは紛失しないよう気をつけてください。帰国日にSIMカードを買ったカウンターへ自身の携帯を渡すと、台湾のSIMカードを抜き、日本で使っているカードを入れて返してくれます。

実際使ってみてどうだったのかというと…

こんなに安いのに速度がとても速く、どこにいてもグーグルマップがサクサク使える事におどろきました!

(私が普段日本で使っている某格安SIMカードよりも断然速かったです…(笑))

3日間分のものは無料通話が100元分(約360円分)ついていたので、何かあった時にすぐに電話できるのも良かったですね。

街中の無料Wi-Fiと比べて、SIMカードはストレスを全く感じませんでした。

公共のWi-Fiを使う事に少し抵抗や、接続の悪さに不満がある方はこちらをおすすめします。

まとめ

今回は、台湾の街中の無料Wi-Fiと現地のSIMカードをご紹介しました。台湾も日本と同じようにWi-Fi環境が整ってきてはいますが、接続具合はまだまだといったところでしょうか。

単にひとつふたつ調べる程度であれば問題なく使えるですが、グーグルマップのように容量が大きくなるとガクッと速度が落ちてしまうのがネックですね><

そんな時は、ホテルなどのWi-Fiを使うと良いでしょう。カフェなどのWi-Fiよりは速度は速いのでストレスを感じませんよ。

シムフリー携帯をお持ち方であれば、断然SIMカードの利用をおすすめします。有料ではありますが、滞在中電話番号を持てるうえネット使い放題というのが◎!!

台湾で、ストレスフリーな旅をお楽しみください♪

コメント

スポンサーリンク