カンボジアの治安は?女性の観光で注意すべきことは?

カンボジア

カンボジアってどんなところ?治安は?と私も正直不安でした。ネットで調べても怖いことが多々書かれています。

カンボジアは地雷の多い国でもあるので、ちょっと怖いですよね。

 そこで私が実際カンボジアのシェムリアップに行って体験したことを踏まえて、特に女性に気を付けてほしいことを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

女性注意すべきこと①:カンボジアの治安状況

 カンボジアのシェムリアップでは、欧米の人達から西洋人の人達と言った様々な国から来る観光客が多いです。そのため、あらゆる観光地に警察や警備員が整っています。

 ただ、東南アジアでは欠かせないトゥクトゥクの運転手達や歩道の前でいる人達は注意が必要です。
運転手達は乗る前に値段交渉をしないとお金を多くとられたり、歩道の前にいる人達はどこ出身か聞かれ、私はなかったのですが話している間にお金を盗まれたりといったことが多々あります。女性は話しかけやすいのか狙われやすいです。

① 鞄は体の前に必ずあること
② パスポート等の貴重品はできるだけホテルやホステルの貴重品に入れておく
③ 鞄を覆うビニール袋を常に入れておく
 
この3つは必ず押さえておいてほしいです。

 

女性注意すべきこと②:観光地

先ほどの女性注意すべきこと①にも書いたように、警察や警備員は観光地にいます。しかし、日本のようにしっかりとした警備ではありません。普通にスマートフォンを触っていたり、寝ていたり…(笑)大丈夫かなと思うほど緩いです。なので、警備がいたとしても注意してください。

また、観光地にはお店がたくさんあります。お店の人に手をつかまれ、欲しくないのに買うまで離してもらえません。日本人の若い女性は特に捕まえやすいみたいなので、NO!としっかり言い切りましょう。

私は観光地にいるときは、写真をたくさん撮りたかったのでスマートフォンにストラップをつけて常に首にかけていました。鞄も体の前に保ち、手を置いていました。

 観光地には、もちろんいろんな国の人達がいるので、注意してください。

 

女性注意すべきこと③:PUB STREET(パブ・ストリート)

 PUB STREETでは昼間はあまり賑わっていなのですが、夜はとてもたくさん人がいます。特にHAPPY HOURS(ハッピー・アウアズ)といって夜の7時から9時の間はお酒が安くなるので、混雑しています。

そこに行くときは、本当に必要なお金だけ準備しといてほしいです。クレジットカードはホテルやホステルの貴重品に置いておくほうがいいです。

私は大丈夫でしたが、お酒に酔っぱらっている人に絡まれることがあります。仲良くなって一緒にお酒を飲むのもいいですが、お金がないからと言って払わされることもあるそうです。

 また、PUB STREET にでる際、たくさんのトゥクトゥクが止まっています。運転手の人達はとても近寄ってきます。しっかりNO!と言ってすぐに立ち去りましょう。

トゥクトゥクが必要ならば、まずGrab(グラブ)というタクシー会社をおすすめします。安全で安いです。

もし現地でスマートフォンを使えるのであれば、Grabのアプリがあるのでダウンロードして使うととても便利です。私は値段交渉が下手なので、このアプリをいつも使っていました。

 

女性注意すべきこと④:NIGHT MARKET (ナイト・マーケット)

 

 シェムリアップにはPUB STREETの近くにNIGHT MATKET(ナイト・マーケット)があります。そこでは、たくさんのお土産商品、アクセサリーや服などがあります。名前の通り、夜しかそのマーケットはやっていません。かわいいものがたくさん売っているので、そこに集中して鞄のことを忘れないでください!

 というのは、お店が密集しているからです。そこの店員さんではない隣の店員さんが一緒に私達の買い物を近くで見ていたり、店員同士仲がいいのか…店の前で椅子を置いて何人か話していたりしています。

 優しそうに見えても、商売は商売です。店員さんも必死です。知らないところで鞄の中を探るというのもあり得ます。常に鞄は自分の前にかけといてほしいです。

 

最後に…

 以上が私の体験したカンボジアの治安状況です。私は特に道を歩くときに男性の前を通るときや、トゥクトゥクがたくさん止まっている場所を通るときは警戒しました。

シェムリアップは観光地なので、観光地だからこそ鞄は本当に注意してほしいです。

 

コメント

スポンサーリンク