海外旅行に持っていくべき♪おすすめの便利な持ち物!荷物を上手に減らす方法とは…!?

グッズ

海外旅行へ行く際、あれもこれも…と持っていきがちですが、持って行っても結局使わなかった、なんて事よくありますよね。

他にも、重量制限の事も忘れてはいけません。特にLCCは重さ制限が厳しいので、持っていけるものも限られてきます。

そこで今回は、普段持っていくアイテム以外で、筆者が旅先で本当に必要性を感じたおすすめの持ち物をご紹介したいと思います。とはいいつつ、普通のアイテムもいくつか登場します(笑)

併せて、ちょっぴりコワ~い実体験も交えてお話ししますね。そちらも参考になればと思います!

 

 

スポンサーリンク

ワタシを海外に連れてって!

・ビーチサンダル

海外で大活躍するのがビーチサンダル。特に安いユースホステルは、部屋だけではなくシャワー室も汚いので、さすがに裸足で使うのは生理的に…^^;
日本とは違い海外のホステルにはスリッパはないので、1足あると何かと便利です。

 

・ポケットティッシュ

海外あるある話。それはトイレにペーパーがない、またはトイレの入り口でペーパーが有料販売されているという事。
実際、メキシコシティのスーパーマーケットのトイレは、ペーパーが有料でした。

更に海外のティッシュの質は、日本製と比べると…正直よろしくないです。
ですので、普段ティッシュを持たない方も、せめて海外へ行くときだけは常に3~4つは持ち歩くようにしましょう♪

 

・手ピカジェル

これぞ必需品アイテムと言っていいでしょう。特に不衛生な国へ行く方は必須!
百均で売っているものは液体制限(100ml)に引っかからないミニサイズなので、機内に持ち込んでも大丈夫。

私はカナダで初めて良い香りのサニタイザーを使い始めて以降、帰国してからも、日常生活で使うようになりました。

バリ島を旅行中、体内にバクテリアが入り込み、数日間体調不良になった事があります。
それ以降、海外旅行する時はとにかく「清潔さ」を徹底するよう心掛けています。

 

・カードスキャン防止

海外では意外と日常化しつつある「クレジットカードスキャニング犯罪」。
私もカナダでワーホリ中にやられました。

ある日、クレジットカードが突然使えなくなり、後日クレジットカード会社から国際電話が来て、自分のカードがアメリカとヨーロッパで不正使用されていたことが発覚。
まさか自分が被害にあうなんて思ってもいなかったので、結構ショックでした。

すぐにスキャニング防止ケースを購入して使い始めたところ、被害はなくなりました。

いつどこで読み取られるか分からない今の時代。
他人事と思わず、対策は念入りにされることをおすすめします。

 

・モバイルバッテリー

最近では大手航空会社の座席にUSBポートがありますが、LCCはまだ無いところが多く、結構不便だったりしますよね。

長いフライトを楽しむ為に音楽を聴く方、現地で観光中に携帯を使う頻度も多いでしょう。
そういう時に、モバイルバッテリーがあると本当に助かるっっ♡

 

スカーフ

スカーフは、本当に様々な場面で大活躍してくれます。

例えば、厳格なイスラム教の国へ行く場合、肌を露出したままモスクへ入ることは観光客であっても厳禁。とはいっても、蒸し暑い中ジーパンをはいて観光するのも辛い…。

そんな時にスカーフがあると、急にモスクへ行くことになったとしても、足首までうまく隠せば中に入れてくれる事もあります。
(※必ず入場できるとは限りません。私は足にスカーフを巻き付けて肌を隠したら、運よく入れました。)

他にも、東南アジアは空港やバスなどの冷房がMAXでかかっているので、外は蒸し暑いのに室内や社内は鳥肌立つほど寒い。ここは冷蔵庫か?と思うほどです^^;
そういう時、上着代わりにもなりますよ。

 

日本のお菓子

海外では風景以外に、可愛い子供たちの写真を撮る人って多いですよね。
だいたい無償で撮らせてくれますが、中にはその見返りを求める子も。
主にお金をせびられますが、お菓子でも良いとの事(カンボジアのガイドさん曰く)。

百均によくある、袋入りのアメやチョコレートがあると喜んでくれます。
自分も小腹が空いたときに食べても良いですしね。

飛行機で隣の席になった方とシェアするのも良いですね。
私は、機内で斜め前に座っていた韓国人の方からお菓子を頂いたことがあり、凄く嬉しかったです。良いですよね、そういう機内での国際交流って^^

長いフライトも、お互い別れが惜しむほど素敵な時間に早変わりする事間違いなし!

 

3.海外旅行の荷物を軽くする方法とは…!?

 

上述した通り、欲張って詰めすぎると重量オーバーになりかねないので、ここは妥協も必要です。現地調達できるものは現地で買うのも手段の一つですね。

では、どのように荷物を減らせば良いのでしょうか。

 

【洋服】

あなたは、汚れた服やもう着なくなった服はどのように処分していますか?
ゴミに出したり、古着屋さんに売ったりする方が多いかと思います。
ですが、古着屋さんに売ったとしても、ブランドや状態によってたいした金額にならないこともありますよね?

そういう場合は次の旅行用に保管し、旅先で使い倒しましょう。

海外におしゃれな服や高価なものを持っていくと、「この人はお金を持っている」と思われて犯罪のターゲットになる、なんて話をよく聞きます。

それが怖い私は、海外へ行く時は着古した服や靴を必ず持っていきます。
その結果、帰りの荷物が少し軽くなり、カバンのスペースも増えました^^

 

【タオル類】

タオルはスペースを取りますよね。これについては、速乾性のものがおすすめ。普通のタオルだと乾くまで時間を要しますが、速乾性はその名の通りあっという間!
東南アジアのような蒸し暑い国なら数時間で乾きます。

 

【ヘアドライヤー】

今はホステルなどで借りられますので、持参する必要なし。
もし心配なら、出国前に宿泊先へメールでリクエストしておきましょう。

 

【変圧器】

海外で電化製品を使う場合、これがないとお話になりませんが…、
ありがたい事に、海外でそのまま使用できる製品が増えてきているので、使うものによっては持参しなくても良い場合があります。(※出発前に必ず確認しましょう。)

心配であれば、事前に宿泊先に変圧器のレンタルリクエストを。
または、アマゾンなどで全世界対応の小型変圧器も安く手に入るので、1つ買っておくと良いかもしれません。

 

【まとめ】

今回は、海外旅行へ行く時のおすすめの持ち物と荷物の減らし方をご紹介しました。
これらは、いずれも私が旅行する際に実践している事です。

では、改めて今回の記事のまとめです。

 

★持ち物★

・ビーチサンダル→室内、浴室、街の中など活躍の場が多いです。

・ポケットティッシュ→海外では日本と違ってペーパーが有料、または無い事が多いので、いくつか持っていくと困りません。

・手ピカジェル→特に不衛生な国へ行く時は持参を!東南アジアでは使う頻度多し。
これでもか!ってくらい除菌しましょう!(笑)

・カードスキャン防止ケース→海外の犯罪で多いのがカードスキャニング。
あなたのクレジットカードが不正使用される前に、入念な対策を!

・モバイルバッテリー→海外で携帯が使えないのは結構辛いです。いつ充電が切れても困らないように、フル充電してカバンに入れておきましょう。

・スカーフ→露出防止、防寒対策にもなる優れもの。
東南アジアは室内と外の気温差が激しすぎるので、必須アイテムの一つ^^

・日本のお菓子→海外のキッズに迫られたら渡しましょう!
機内で隣の人とシェアや、小腹が空いた時にも◎♪

 

★荷物の減らし方★

・着古した服や靴→保管しておいて、海外で使い倒して現地でポイッ!
処分する手間も省け、荷物削減にも。

・ヘアドライヤー→今は、だいたい宿泊先で言えばその場で貸してもらえる事が多い。
心配なら、事前にリクエストを。

・変圧器→今の電化製品は海外でそのまま使えるものが多いですが、使えない場合でも現地で言えば変圧器は貸してもらえます。心配なら事前にリクエストを。
またはネットなどで小型変圧器の購入を。全世界対応のものを買えば、心配ナイサ~♪(笑)

以上、少しでも参考になれば幸いです!

 

コメント

スポンサーリンク