【カナダ】バンクーバー周辺のオススメ観光地は?カナダで買うべきお土産はコレだ!

カナダ

「日本から一番近い北米都市」で知られている、カナダのバンクーバー。

自然と都会が隣り合わせなので、アクティブに観光したい方には最適です。

今回は、魅力溢れるバンクーバー周辺のオススメ観光地と共に、カナダで買うべきお土産も一挙ご紹介!

 

 

スポンサーリンク

【観光地編】

1. レトロな街並みが広がるGas town

 

バンクーバー発祥の地、Gastown(ガスタウン)。石畳の道の上には、19世紀の建物をそのまま活かしたカフェやギフトショップ、レストランが立ち並び、凄くお洒落な雰囲気が漂っています。

ガスタウンには、この地に酒場を開いたイギリス人船長「ジャック・ディトン」の銅像があります。

とてもおしゃべり好きだった彼は、「Gassy Jack・ギャシー・ジャック(※Gassy⇒英語で『話好き」という意味)」と呼ばれていて、それが街の名前の由来になったとされています。

ガスタウンのシンボルでもあるスチーム時計は必見!

15分ごとに煙と共に汽笛が鳴り、毎時0分には音楽も流れます。動き出す少し前から時計の周りには人だかりができるので、是非一緒に聞いてみてはいかがでしょうか。

 

【※注意※】
ガスタウン付近のチャイナタウンとヘイスティン通りは、ホームレスやジャンキーなどのたまり場になっています。

私も、「あの辺は近づかないように!」と学校から警告を受けたにも関わらず、友達とガスタウンへ観光ついでに通ったら、まだ明るい夕方にも関わらず、浮浪者が多くて結構怖かったです。夜は、絶対近づかないでくださいね。

 

 

2.コーヒー片手にお散歩タイム♪ Canada Place

 

ガスタウンの手前にある、Canada Place(カナダプレイス)。館内にはコンベンションセンター、パンパシフィックホテル、更に世界初の3DIMAXシアターなどが(地図右側)、外にはレストランやギフトショップなどがたくさんあります(地図左側)。

日中は友人と、ワンちゃんと一緒にお散歩する方の姿も多いですが、夜はライトアップされて最高な雰囲気に。デートスポットとしても人気(^_-)-☆

 


<https://gastown.org/by-the-portside-of-gastown-how-vancouver-grew-from-the-shores-of-the-burrard-inlet/>

 

更に、豪華客船の就航地なので、夏はアラスカなどから船がやってきます。運が良ければ、ディズニーの豪華客船を見られるかも!?

残念ながら私はお目にかかれませんでした。カナダプレイスのギフトショップで働いていたのですが、私がお休みの日にやってきて、すぐ去ってしまったそう・・・。

がっかり。

写真は、ディズニーワンダークルーズです。

カナダプレイスからは、後程紹介するCapilano Bridge行きのバスも出ていますよ。

 

 

3. 都心を少し離れると、そこは自然界。Capilano Suspension Bridge


 

ノースバンクーバーにあるCapilano Suspension Bridge(キャピラノ・サスペンション・ブリッジ)。カナダプレイス前から無料シャトルバスが出ていて、キャピラノまでは約30分。

入場チケットは、カナダプレイス前のチケット売り場、または現地購入となります。
ただ、ハイシーズンだと混み合うのでカナダプレイス前にて購入した方が良いでしょう。

キャピラノ渓谷は、高さ70mもある巨大なロング吊り橋。周りは森に囲まれていて、空気がとても新鮮です♪冬は吊り橋がライトアップされ、とても幻想的な世界に。

キャピラノ内のクリフウォークというアトラクションは、高所恐怖症の方にはオススメできません。

なぜなら、クリフウォークの高さはなんと91m。おまけに、遊歩道の一部足下はガラス張り!私も行きましたが、さすがにちょっと足がすくみました^^;

キャピラノにはギフトショップやレストランもありますので、自然を満喫した後はお買い物やお食事をゆっくりお楽しみください。

 

 

<詳細>
名前:Capilano Suspension Bridge
住所:Capilano Rd、North Vancouver、BC V7R 4J1, Canada
営業時間:9:00~18:00(時期によって営業時間が異なるので、ご注意ください。)
HP:https://www.capbridge.com/

 

4. バンクーバーの癒しスポット Kitsilano beach


https://explore150.tigweb.org/en/kitsilano-beach

 

ダウンタウンからバス1本で行けるお洒落な街、Kitsilano(キツラノ)。バスを降りると、すぐ目の前にはKitsilano beach(キツラノビーチ、通称「キッツビーチ」)が広がります。

ビーチでは日光浴やヨガ、ピクニックを楽しんでいる人で常に賑わっています。近くには大きな公共プールもありますよ。

夏の風物詩「Honda Celebration of Lights(ホンダ・セレブレーション・オブ・ライツ)」という花火大会の開催地でもあり、三カ国が競い合います。2018年の参加国は、南アフリカ、スウェーデン、韓国でした。2019年は、どこの国が参加するのでしょうか。楽しみですね。

 

 

5. アートも風景も両方楽しめるビーチ English Bay


<https://smartlog.jp/136907>

 

こちらもキッツビーチと同じで夕日スポットで有名です。ここは、ダウンタウンからすぐ近くなので、歩いて行けますよ。

広いビーチを少し歩くと、Inukshuk(イヌクシュク)という石像が見えてきます。
これは、カナダの先住民族イヌイットの人達が石を積みあげて作ったもの。バンクーバーオリンピック2010のデザインにもなりました。イヌクシュクの意味は「道しるべ」です。

 


<http://akimacco.blog.fc2.com/blog-entry-80.html>

 

イヌクシュクの近くには、こんな面白い銅像もありますよ。中国人のYue Minjunさんが作った、「A-maze-ing Laughter」という作品です。

インターネットやガイドブックなどで紹介される程有名なのに、場所を知らなかった私。
帰国前に、なんと自分の家の近所という事が判明し、急いで撮影しに行きました!(笑)

これを見ていると、なんだかこっちまで笑顔になってくる不思議なオブジェ。ここで、記念撮影を忘れずに(^O^)/

 

 

6. ショッピングが大好きな方は・・・Granville street・Robson street


<https://www.pinterest.com/pin/181621797446199153/>

 

バンクーバーでショッピングを楽しみたいなら、Granville street(グランビルストリート)。このエリアには、古着屋さんやゲストハウス、バー、ナイトクラブなどが両サイドに並んでいます。

カナダプレイス方面に歩いていくと、パシフィックセンターというショッピングモールもあります。是非行ってみて下さい!

周辺にはショッピングモールなどの他に、様々な国のレストランもあります。さすが、多民族国家カナダですね!

 

 


https://mapio.net/s/1315240/

 

もう一つは、Robson street(ロブソンストリート)。ギフトショップの他、日本食レストランやラーメン屋がずらり。海外のお寿司は、手巻きよりもカリフォルニアロールが主流。これが結構おいしいので、是非一度ご賞味ください!

 

 

【お土産編】

可愛いビーバーマークが目印♪ Roots


 

お店:Roots
住所:1001 Robson St、Vancouver、BC V6E 1A9、Canada
営業時間:9:30~21:30
HP:https://www.roots.com/

 

カナダのカワイイが、ここに集結★ Snowggle gifts

 

私がワーキングホリデー時代に働いていた、ギフトショップSnowggle(スノーグル)。バンクーバー市内は、ロブソンとカナダプレイスの2か所に店舗があります。

では、元店員の私がスノーグルでよく売れていた人気商品をご紹介します♪
お土産を買う時の参考になれば、幸いです♪

 

1. リーフ柄のボトルがとてもキュートなメープルシロップ!


<https://tabippo.net/canada-souvenir/>

 

カナダと言えば、メープルシロップですよね。瓶とプラスチックボトルの二種類がありますので、お好みでお選びください♪

ちゃんと紙に包むので割れる心配はないですが、不安であればプラスチックボトルをオススメします。

いくつかある味の中で、よく売れていたのが「アンバー」。味が濃厚で、料理の隠し味にはもちろん、アイスクリームや、パンケーキなど、使い道は意外と豊富。私も、働くまでは知らなかったので、すごく勉強になりました!

 

2. 甘い香りがふわり。メープルティー


<http://tamylife.blog.fc2.com/blog-entry-106.html>

 

メープルシロップのような甘いものが苦手という方には、メープルティーがオススメ。いろんなフレーバーを何個か買っていく方が多かったですね。

当時私は紅茶が苦手で飲めませんでしたが、試飲してみたところ凄く飲みやすくて好きになりました(#^^#)私のように紅茶が苦手な方も、これなら大丈夫かと思います!

木箱のメープルティーは、カナダっぽいデザインがとても可愛くてお土産に喜ばれること間違いなし。飲み終わった後は、お部屋のインテリアなどに使ってもgood★

 

3, 秋冬は大活躍!モコモコフーディー♪


<http://tamylife.blog.fc2.com/blog-entry-106.html>

 

海外に行くと、つい都市名が入ったロゴ服を買っちゃいますよね(笑)私もその一人です。本当は帰国前にこのフーディーが欲しかったのですが、結局買えず…(涙)

フーディーの中でも、特に人気なのは下の一番右と左のカラー。可愛いですよね!あなたの好きなカラーはどれですか?私は、下の左端です^^

この他に、カナダのマグネットやバッジ、クマやビーバーの可愛いキーチェーンなども人気です。店内を見ていたら、あれもこれも欲しくなるので気をつけて!(笑)

お店:Snowggle
住所:①1026 Robson St, Vancouver, BC V6E 1A7, Canada(ロブソン店)
   ②34, 1055 Canada Pl, バンクーバー, BC V6C 0C3(ウォーターフロント店)
営業時間:ロブソン店:9:30~22:00
ウォーターフロント店:9:00~22:00(夏)/10:00~18:00(冬)

 

 

【まとめ】

今回ご紹介した観光地は、ほんの一部。バンクーバーには、まだ見るべきスポットがたくさんあります。レンタカーを使えば、ウィスラーという山へも日帰りで行けますしね。

ゲイパレードやマリファナデーなど、ちょっと(以上に?)衝撃的なイベントもたくさんあるバンクーバー。是非渡航前にチェックして、カナダ旅行をお楽しみください♪

補足ですが、秋から春にかけての天気は、ほぼ毎日雨です。行くなら春か夏が良いでしょう!紅葉が綺麗な秋もオススメです!

では最後に、今回の記事のまとめです。

 

<観光編>

・19世紀の雰囲気たっぷりの街並みを楽しみたい⇒Gas town

・ゆっくりお散歩を楽しみたい⇒Canada Place

・すぐ近くで気軽に自然を楽しみたい⇒Capilano Suspension Bridge

・観光後に綺麗な夕陽を眺めたい⇒Kitsilano beach

・ユニークなアートを見て楽しみたい⇒English Bay

・終日ショッピングを楽しみたい⇒Granville street / Robson street

 

<お土産編>
・ビーバーが目印のカナディアンブランド⇒Roots

・カナダの可愛いお土産を買うなら⇒Snowggle gifts

 

コメント

スポンサーリンク